枝村要作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

枝村 要作(えだむら ようさく、1922年1月2日 - 2004年8月11日[1])は、日本政治家日本社会党衆議院議員(5期)。

経歴[編集]

山口県出身。小野田工業学校卒。国鉄に入り、国労の結成に参加、広島地方本部副委員長になる。その後、公労法違反により国鉄を解雇される。山口県に戻り、山口県労働組合評議会委員長、山口県地方労働委員会委員などを務める。1967年第31回衆議院議員総選挙山口1区から日本社会党公認で立候補して当選する。以来当選5回。1983年第37回衆議院議員総選挙には出馬せず引退した。2004年死去。

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、206頁。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年11月。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。