細迫兼光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

細迫 兼光(ほそさこ かねみつ、1896年11月28日 - 1972年2月11日)は、日本政治家日本社会党衆議院議員(5期)。弁護士

経歴[編集]

山口県厚狭郡厚西村(現山陽小野田市)出身。細迫家は長州藩寄組熊谷氏の一族で、陪臣ながら厚狭郡有数の名家であった。東京帝国大学に入学後新人会に入る。1922年卒業。卒業後は弁護士となる。労働農民党に入り、書記長となり、1929年新労農党が結成されると書記長となったが、翌年除名される。1932年治安維持法により検挙される。その後は故郷に帰り、厚狭町議、小野田市長などを務める。

戦後の1946年第22回衆議院議員総選挙で山口県から立候補して当選するが、間もなく公職追放となり、政界を去る。追放解除後の1952年の総選挙で山口1区から日本社会党左派公認で立候補して落選、翌1953年の総選挙で復帰した。衆議院議員は1966年まで務め、この間社会党中央執行委員、国会対策委員長、山口県連会長などを務めた。1972年死去。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056
  • 『人としての途を行く 回想 細迫兼光』細迫兼光回想録編纂会