小川省吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小川 省吾(おがわ しょうご 1922年3月29日 - 1993年12月23日)は、日本政治家。元日本社会党衆議院議員群馬県出身。

来歴・人物[編集]

旧制太田中学を経て、1943年北京大学法学院を卒業。陸軍に召集され陸軍少尉に任ぜられた後、内務省に入省。内務省地理局勤務を経て群馬県庁に赴任し、県庁職員労働組合書記長・自治労群馬県本部執行委員長を歴任。

1969年総選挙に社会党公認で群馬2区から出馬するが落選。その次の1972年総選挙で当選し、5期務めた。この間衆議院石炭対策特別委員会委員長などを歴任。勲二等瑞宝章授与。

国会での主な役職[編集]

  • 地方行政委員会委員
  • 法務委員会委員
  • 社会労働委員会委員

主な著書[編集]

  • 「群馬県一世紀の歩み」

関連項目[編集]