武藤山治 (日本社会党)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

武藤 山治(むとう さんじ、1925年7月8日 - 2001年5月29日)は、日本政治家日本社会党衆議院議員

来歴・人物[編集]

栃木県足利市出身。青年時代は勤労学生で、衆議院議員・金子益太郎の秘書をしながら早稲田大学政経学部卒業する。その後、同大の大学院に進むが、1952年に大学院を中退して群馬県立館林女子高等学校の教員に就職。1955年、栃木県県議会議員に当選して2期務めたあと1960年第29回衆議院議員総選挙で初当選を果たし、通算10期務めた。この間1977年党政審会長1986年に党副委員長、1988年に党代議士会会長を歴任した。一方で党内右派の政権構想研究会代表を務め、1981年に行われた日本社会党委員長選挙では飛鳥田一雄委員長の対抗馬として出馬し、落選。

1990年再選し、1991年 - 1992年衆議院商工委員長。1991年社会党シャドーキャビネット通産相に就任。1993年の選挙に落選し、政界から引退。

社会党委員長村山富市内閣総理大臣を務めていた1995年勲一等旭日大綬章を受章。

2001年5月29日死去。叙正三位。享年75。

議会
先代:
奥田幹生
日本の旗 衆議院商工委員長
1991年 - 1992年
次代:
山口鶴男
党職
先代:
堀昌雄
日本社会党政策審議会長
第10代 : 1977年 - 1981年
次代:
嶋崎譲