佐藤親弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

佐藤 親弘(さとう ちかひろ、1893年明治26年)3月23日[1] - 1961年昭和36年)8月15日[2])は、日本政治家衆議院議員(2期)・弁護士

経歴[編集]

栃木県出身[2]1923年日本大学専門部法律科卒[2]。弁護士となり、宇都宮市議、栃木県地方労働委員会会長、宇都宮弁護士会会長となる[2]

1947年第23回衆議院議員総選挙において栃木2区から日本自由党公認で立候補して落選[3]1949年第24回衆議院議員総選挙では民主自由党公認で立候補して初当選[3]1952年第25回衆議院議員総選挙では自由党公認で立候補して落選[3]1953年第26回衆議院議員総選挙で復帰した[3]1955年第27回衆議院議員総選挙で落選し[3]、以後立候補しなかった。この間自由党幹事を務めた[2]

このほか宇都宮学園高等学校理事、栃木県体操協会会長を務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『衆議院議員名簿.第5回国会』〈衆議院公報附録〉、1949年、13頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』227頁。
  3. ^ a b c d e 『朝日選挙大観』465頁。

参考文献[編集]