松村光三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
松村光三

松村 光三(まつむら こうぞう、1882年明治15年)12月24日[1]1962年昭和37年)6月3日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会自由党)、商工参与官大蔵政務次官軍需政務次官。

経歴[編集]

栃木県下都賀郡栃木町(現在の栃木市)出身[3]1909年(明治42年)、東京高等商業学校専攻科(現在の一橋大学)を卒業[1]。その後、ベルリン大学、ベルリン高等商業学校に留学した[3]古河合名会社参与、大日本人造肥料株式会社監査役、旭電化工業株式会社監査役、八戸水力電気株式会社監査役、日光登山鉄道株式会社取締役、協調会社会政策学院講師を務めた[3]

1928年(昭和3年)、第16回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第21回まで連続当選を果たした。その間、斎藤内閣で商工参与官に、平沼内閣で大蔵政務次官に、小磯内閣で軍需政務次官に就任した。1946年(昭和21年)、公職追放となる[4]

その他、明治大学講師、河端製作所株式会社社長を務めた[2]

追放解除後の1952年(昭和27年)、第25回衆議院議員総選挙で返り咲きを果たした。

著書[編集]

  • 『賃銀論』(宝文館、1912年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 大衆人事録 1930.
  2. ^ a b 衆議院議員名鑑 1962.
  3. ^ a b c 衆議院要覧 1928.
  4. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面。

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第3版』 帝国秘密探偵社、1930年
  • 『衆議院要覧(乙)昭和三年』 衆議院事務局、1928年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度七十年史 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1962年