神田大作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
神田 大作
かんだ だいさく
生年月日 1913年2月12日
出生地 栃木県芳賀郡益子町
没年月日 (1983-05-28) 1983年5月28日(満70歳没)
出身校 栃木県立真岡中学校卒業
所属政党 右派社会党→)
日本社会党→)
民社党

選挙区 旧栃木県第2区
当選回数 4回
在任期間 1955年2月27日 - 1960年10月24日
1967年1月29日 - 1969年12月2日
1972年12月10日 - 1976年12月9日
テンプレートを表示

神田 大作(かんだ だいさく、1913年2月12日 - 1983年5月28日[1])は、日本政治家。元衆議院議員(4期)。元衆議院議員の神田厚の父。

経歴[編集]

栃木県芳賀郡益子町に生まれる[2]栃木県立真岡中学校を卒業[2]1947年昭和22年)から栃木県議会議員を2期務める[2]1955年(昭和30年)の第27回衆議院議員総選挙旧栃木県第2区から立候補し当選[2]1960年(昭和35年)、日本社会党を離党し民主社会党に参加[2]。民社党では県連書記長を務めた[2]。衆議院議員は通算4期務め、1976年(昭和51年)の第34回衆議院議員総選挙に立候補せず引退。1983年(昭和58年)、死去した。

脚注[編集]

  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus
  2. ^ a b c d e f 『栃木県歴史人物事典』,216頁

参考文献[編集]

  • 『栃木県歴史人物事典』下野新聞社 、1995年7月27日。