登坂重次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

登坂 重次郎(とさか じゅうじろう、1913年4月3日1997年3月22日)は、日本の政治家自由民主党衆議院議員茨城県(現:常総市域)出身。

来歴・人物[編集]

会社員登坂長吉の三男として生まれる。生後間もなく父母と死別し、父方の伯父・豊島重太郎に育てられる。1932年旧制水海道中学校(現・茨城県立水海道第一高等学校)を卒業後、母校水海道中の事務職員等を経て、1940年土浦税務署に入職する。1944年大蔵省本省に出向し、池田勇人東京財務局長秘書となる。以後池田に師事し、1948年池田の総選挙出馬を期に大蔵省を退官し、個人秘書となる。

1963年第30回衆議院議員総選挙に、旧茨城3区にて無所属で立候補し当選(当選同期に小渕恵三橋本龍太郎小宮山重四郎伊東正義田中六助渡辺美智雄佐藤孝行藤尾正行中川一郎三原朝雄鯨岡兵輔西岡武夫奥野誠亮など)。以後当選6回。当選後自民党に入党し、宏池会に所属する。経済企画、厚生の各政務次官、衆院文教委員長等を歴任。選挙区に霞ヶ浦を抱えていたこともあり環境問題に熱心で、1980年代初頭には環境アセスメント法案成立のために尽力したが、この時は産業界の強い反対により陽の目を見なかった。

1983年落選により政界引退。1989年勲二等旭日重光章受章。1997年3月22日死去。享年84。