池田峯雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 峯雄(いけだ みねお、1911年8月30日 - 1998年12月3日)は、日本農民運動家、政治家衆議院議員日本共産党公認、1期)を務めた。日本農民組合 (統一派)中央常任委員[1]及び同常総同盟委員長などを歴任。

来歴[編集]

茨城県筑波郡作岡村安食(現つくば市)の小地主の家に生まれる。旧制下妻中学校(現茨城県立下妻第一高等学校)3年の時に、父の経営する会社が倒産し土浦町(現土浦市)へ移住。同地の旧制茨城県立土浦中学校(現茨城県立土浦第一高等学校)を卒業後、宗道村(現八千代町)で代用教員に就く。この間、土浦中学同級生小林孝祐[2]を介して文化サークルに参加、加藤四海全日本農民組合連合会(全農)関係者と親交を深めた。

1931年に発生した太田村事件[3]の後全農全会派書記、同青年部長に就任。翌年9月には東茨城郡堅倉村(現小美玉市)で小作争議の応援中に検挙1936年まで服役を余儀なくされる。1945年日本共産党へ入党[4]、同党茨城県委員[5]を務める傍ら、1949年総選挙旧茨城3区定数5)から出馬し初当選を果たす。同選挙区の当選者の中では最年少であった[5]

1998年12月3日、胸膜炎のため茨城県つくば市の病院で死去。87歳[6]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本労働年鑑 第28集 1956年版 第二部 労働運動 第三編 農民運動法政大学大原社会問題研究所ウェブサイトより
  2. ^ 後に日本共産党へ入党、東方勤労者共産大学留学から帰国後逮捕
  3. ^ 同年実施の茨城県議会議員選挙で、全農推薦の候補者への警察による妨害に端を発する騒擾事件。全農関係者が多数逮捕された
  4. ^ 日本共産党元衆院議員/池田峰雄さん死去治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟ウェブサイトより
  5. ^ a b 村川一郎編著『日本政党史辞典 中』1998年国書刊行会、p.578
  6. ^ 1998年12月4日朝日新聞

参考文献[編集]

関連項目[編集]