菊池重作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
菊池重作

菊池 重作(きくち じゅうさく、1897年明治30年)7月14日[1] - 1980年昭和55年)12月9日[2])は、日本社会運動家実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

群馬県佐波郡茂呂村(現伊勢崎市)で生まれる[1]。織物製造業、養蚕販売業を営む[2]

1923年、群馬共産党事件を契機に社会運動に加わり、日本労農党に加入し小作争議の指導を行う[1]。全国農民組合茨城県連合会書記長、同会長、日本農民組合茨城県連合会執行委員長、社会大衆党茨城県連合会書記長などを務め、1936年水海道町会議員となるが、1938年人民戦線事件検挙され、懲役3年・執行猶予5年の判決を受けた[1]

戦後、日本社会党に入党し、1947年4月、第23回衆議院議員総選挙茨城県第三区から出馬して当選し、衆議院議員を一期務め、日本社会党茨城県連合会副委員長、同県連顧問などを歴任した[2]

その他、日本アビリアチーズ社長、菊池織物工業社長を務めた[2]

1980年12月、脳出血により自宅で死去した[3]

著作[編集]

  • 『茨城農民運動史』風濤社、1973年。
  • 『茨城県農民運動史』〈ふるさと文庫〉筑波書林、1980年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『市民・社会運動人名事典』138-139頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』211-212頁。
  3. ^ 『現代物故者事典 1980〜1982』日外アソシエーツ、1983年、103頁。

参考文献[編集]

  • 『市民・社会運動人名事典』日外アソシエーツ、1990年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。