佐藤洋之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

佐藤 洋之助(さとう ようのすけ、1894年7月9日 - 1984年7月7日)は、日本政治家。所属政党は戦前は立憲政友会→政友会革新同盟→日本進歩党公職追放解除後は自由党自由民主党[1]衆議院議員を通算10期務めた[1]

経歴[編集]

茨城県出身。慶応義塾大学中退。古河町会議員、茨城県会議員、同副議長を経て、1932年第18回衆議院議員総選挙で茨城県3区(当時)から政友会公認で立候補して初当選[1]1939年の政友会分裂に際しては中島知久平が総裁を務める政友会革新派に参加。1942年翼賛選挙では翼賛政治体制協議会の推薦を受けて当選する。この間小磯内閣内務参与官となった。戦後、公職追放となり[1]、追放解除後の1952年第25回衆議院議員総選挙茨城3区から自由党公認で立候補して当選した[1]保守合同後は自民党佐藤派に属し[1]、衆議院逓信委員長[1]、自民党代議士会長などを歴任した。1969年第32回衆議院議員総選挙に出馬せず引退した[1]。1984年死亡。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 『自民党政権』、390頁。

参考文献[編集]