佐藤観次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐藤 観次郎(さとう かんじろう、1901年8月19日 - 1970年3月3日 )は、愛知県出身の日本政治家ジャーナリストである。衆議院議員8期(日本社会党所属)、中央公論編集長を務めた。愛称はサトカン

来歴[編集]

1901年愛知県に生まれる。旧制海城中学校早稲田大学政治経済学部を卒業する。1930年中央公論社に入社。1933年には中央公論編集長となり、検閲が激しく厳しい時代であったが、1936年まで務めた。太平洋戦争中には主計大尉としてフィリピンに進駐。1947年第23回衆議院議員総選挙愛知県第3区から出馬し、初当選。日本社会党に所属した。1949年第24回衆議院議員総選挙で落選するも、1952年第25回衆議院議員総選挙で返り咲き、以後、第25回~第31回衆議院議員総選挙は連続当選を果たす。衆議院文教委員長などを歴任した。中日本自動車短期大学の学長にも歴任している。

人物像[編集]

一族[編集]

家族・親族[編集]

年譜[編集]

主な著書[編集]

  • 『自動車部隊』 高山書院 1940年
  • 『文壇えんま帖―一編集長の手記』 学風書院 1952年
  • 『編集長の回想』 東京書房 1958年
  • 『代議士編集長』 雪華社 1962年
  • 『新しい世界にふれて』 河出書房新社 1963年
  • 『新しい世界の窓』 経済往来社 1966年
  • 『つり自慢』 つり人社 1968年

関連項目[編集]