日光川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日光川
Nikko River and Kintetu Nagoya Line ac (1).jpg
日光川を渡る近鉄名古屋線
水系 二級水系 日光川
種別 二級河川
延長 41[1] km
平均流量 -- m³/s
流域面積 299[1] km²
水源 愛知県江南市
水源の標高 -- m
河口・合流先 伊勢湾(愛知県)
流域 日本の旗 日本 愛知県
テンプレートを表示

日光川(にっこうがわ)は、愛知県北西部を流れて伊勢湾に注ぐ河川二級水系日光川の本流である。延長は41 km、流域面積は299 km2[1]

地理[編集]

航空写真(中央が日光川)

濃尾平野にある愛知県江南市の北部に源を発する[1]。西に向かって流れた後、一宮市で支流の野府川を集める。稲沢市西部では支流の光堂川を集め、稲沢市域では名鉄尾西線と並行する。稲沢市と愛西市の境界付近では両側から領内川三宅川を集めるが、三川の合流部には津島上街道と呼ばれる街道が通っており、織田氏の居城だった勝幡城址もある。蟹江町に入るとJR関西本線近鉄名古屋線をくぐり、蛇行する佐屋川大膳川をしり目に直線的な流路で南下する。下流部では蟹江川福田川善太川戸田川などを集め、名古屋市港区飛島村の境界から伊勢湾へ注ぐ。

日光川の流域は全域が木曽川の氾濫原であり、山地や丘陵地は存在しない[2]。源流から河口までの高低差は約20mに過ぎず、平均勾配は1/2,000程度という傾斜の緩い河川である[1]。水源から野府川との合流地点にかけては、排水路や用水路を思わせるような川幅が狭い区間が続いている。河口付近は江戸時代干拓地である。

福田川、善太川、宝川の合流点から川幅が拡大し、サンビーチ日光川などがある河口部では最大1km近くに及ぶ。国道23号の日光川大橋付近は大部分が橋ではなく堤防となっている。下流部は海抜ゼロメートル地帯であるため、流域全体の約2/3の地域ではポンプによる強制排水が行われている[1]。干満時に河川水位を調整するため、河口部には日光川排水機場及び水閘門が設置されている[1]

歴史[編集]

古くは萩原川(はぎわらがわ)と呼ばれ、木曽川の派川(木曽八流)の一つとされていた[1]。中下流域は海抜ゼロメートル地帯であり、過去に何度も浸水被害が発生していることから、集落は自然堤防上に築かれ、民家には水屋と呼ばれる避難用の建物も築かれた[1]

1666年(寛文6年)から尾張藩によって日光川下流の開削工事が行われ、1667年(寛文7年)には蟹江新田を経て伊勢湾に注ぐ流路が完成した[2]。1785年(天明5年)からは尾張藩によって、現在の三川合流点(領内川と三宅川の合流点)から下流の拡幅工事が行われると、1812年(文化9年)の完成後には河川舟運が盛んとなり、年貢米の輸送にも用いられた[2]。江戸時代後期には下流部での新田開発が盛んであり、1801年(享和元年)の飛島新田の完成、1822年(文政5年)の藤高前新田の完成で現在の河口部の形状に近づいた[2]

1959年(昭和34年)9月26日の伊勢湾台風では日光川流域で22か所が破堤し、被害額が約300億円に上る甚大な被害を出した[1]。1974年(昭和49年)7月の豪雨では、愛知県の中でも特に日光川流域で大雨を記録し、流域面積の約52%にあたる15,447ヘクタールが浸水した[1]。1976年(昭和51年)の台風17号では流域の約31%にあたる9,320ヘクタールが浸水した[1]。 2000年(平成12年)9月11日の東海豪雨では、支流の福田川を中心に内水被害が発生し、流域全体では530ヘクタールが浸水した[1]

1997年(平成9年)時点の流域の土地利用率は、宅地等の市街地が約49%、水田や畑地等の農地が約43%、その他が約8%だった[1]。2008年(平成20年)時点の流域人口は約83万人だった[1]。2010年(平成22年)には、洪水の際に流量の一部を木曽川に放水する日光川放水路が供用開始された。

2018年(平成30年)3月19日、高潮南海トラフ地震による津波に備えた新しい水閘門が供用開始された[3]

流域の自治体[編集]

日光川の流域には9市2町1村がある[1]

愛知県

支流[編集]


橋梁[編集]

上流部部(~野府川合流点)
  • 松竹橋
  • 竜泉寺橋
  • 新開橋
  • 日待橋
  • 田待橋 - 愛知県道153号浅井清須線
  • 温故井橋
  • 新温故井橋
  • 北山橋
  • 古川橋
  • 小島橋
  • 日光川橋 - 国道22号
  • 郷浦橋
  • 西小島橋
  • 権現橋
  • 名栗東橋
  • 深田橋
  • 名栗南橋
  • 和田東橋
  • 和田橋


中流部部(野府川合流点~三川合流点)


下流部部(三川合流点~河口)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 二級河川 日光川水系 河川整備計画: 流域及び河川の概要 愛知県・名古屋市、2011年、p.1
  2. ^ a b c d 安井雅彦, 低平地河川日光川の河口締切に至る過程と背景」『土木学会論文集D2(土木史)』 2013年 69巻 1号 p.90-103, 土木学会, doi:10.2208/jscejhsce.69.90, NAID 130004559452
  3. ^ 新たな日光川水閘門を供用開始します! 愛知県河川課、2018年3月6日、2019年3月18日閲覧

外部リンク[編集]