松本淳三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松本 淳三(まつもと じゅんぞう、1895年明治28年)1月1日[1] - 1950年昭和25年)10月9日[2])は、日本のプロレタリア詩人無政府主義者政治家衆議院議員。本名・淳造[3]

経歴[編集]

島根県美濃郡高城村神田[4](現益田市)で、山口唯美、松本カノ夫妻の長男として生まれ、祖父養軒に養育された[3]1914年島根県立浜田中学校を卒業し、慶應義塾大学理財科に進んだが1916年に中退し[3]、その後、西日本各地や東京などを放浪した[4]

1918年久原鉱業佐賀関製錬所に作業員として就職[3]1920年堺利彦の推薦で雑誌『中外』の記者となり、日本社会主義同盟に加盟[3]1921年、自由人連盟の演説会で右翼に刺された[5]。同年9月、再刊された『種蒔く人』の同人となる[3][5]1923年6月、日本初のプロレタリア詩誌『鎖』を陀田勘助らと創刊した[3][5]1927年5月、小川未明江口渙らと日本無産派文芸連盟を組織[3]1928年日本労農党に入党し、その後詩作から遠ざかった[3]1928年日本大衆党の結党に加わる[5]。その後、社会大衆党中央委員、東京府会議員、同参事会員などを務めた[3][5]

1946年4月、第22回衆議院議員総選挙に島根県選挙区から日本社会党公認で出馬し当選[2]。次の第23回総選挙でも当選し、衆議院議員を通算二期務めた[2]。この間、衆議院文教委員長、日本社会党中央執行委員、同文化部長などを務めた[2]

著作[編集]

  • 『二足獣の歌へる : 処女詩集』自然社、1923年。

脚注[編集]

  1. ^ 戸籍上は「明治27年」生まれ。『日本近代文学大事典』第三巻、254頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』「松本淳造」607頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j 『日本近代文学大事典』第三巻、254頁。
  4. ^ a b 『明治大正文学美術人名辞典』769-770頁。
  5. ^ a b c d e 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』583-584頁。

参考文献[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 伊藤菊之輔編『島根県人名事典』伊藤菊之輔、1970年。
  • 日本近代文学館編『日本近代文学大事典』第三巻、講談社、1977年。
  • 松本竜之助『明治大正文学美術人名辞典』国書刊行会、1980年(立川文明堂、大正15年刊の複製)。

外部リンク[編集]