稲葉修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
稲葉 修
いなば おさむ
生年月日 (1909-11-19) 1909年11月19日
出生地 新潟県村上市
没年月日 (1992-08-15) 1992年8月15日(82歳没)
出身校 中央大学法学部独法学科卒業
中央大学大学院修了
前職 中央大学教授
所属政党 民主党→)
国民民主党→)
改進党→)
日本民主党→)
自由民主党
称号 法学博士
勲一等旭日大綬章
親族 稲葉圭亮(兄)
稲葉大和長男

日本の旗 第34代 法務大臣
内閣 三木内閣
三木内閣改造内閣
在任期間 1974年12月9日 - 1976年12月24日

日本の旗 第94代 文部大臣
内閣 第1次田中角榮内閣
在任期間 1972年7月7日 - 1972年12月22日

選挙区 旧新潟2区
当選回数 14回
在任期間 1949年 - 1990年
テンプレートを表示

稲葉 修(いなば おさむ、1909年11月19日1992年8月15日)は、日本政治家衆議院議員(14期)。法学博士文部大臣法務大臣を歴任。

兄の稲葉圭亮(けいすけ)も政治家で衆議院議員だった。長男は元衆議院議員の稲葉大和

来歴・人物[編集]

1909年11月19日、新潟県村上市に生まれる。村上中学旧制新潟高校といずれの学校でもいわば武勇伝(中学では生徒会長として祭りの日に学校を休みにしろと同盟休校を主導したため、高校ではカンニングが発覚したため)での中途退学を経て、1936年中央大学法学部独法学科を卒業。1940年中央大学大学院を修了。1945年中央大学教授に就任。憲法や行政法を講じていた。1962年法学博士号を取得。

1947年第23回衆議院議員総選挙民主党公認で旧新潟2区から立候補するも落選。1949年第24回衆議院議員総選挙で初当選(当選同期に池田勇人佐藤栄作前尾繁三郎橋本龍伍麻生太賀吉小渕光平西村英一橋本登美三郎福永健司塚原俊郎藤枝泉介木村俊夫河本敏夫森山欽司床次徳二有田喜一など)。以後、当選14回。

改進党で立候補した1952年第25回衆議院議員総選挙で落選したが、1953年第26回衆議院議員総選挙で国政復帰。その後日本民主党を経て自由民主党に参加。自民党では河野派中曽根派に所属。自民党憲法調査会長のほか、第一次田中角栄内閣文部大臣三木武夫内閣法務大臣を歴任。当初、三木首相は坂田道太を法相に、稲葉を防衛庁長官に充てるつもりだったが、「腰の曲がった稲葉が防衛庁長官では見映えが悪い」と松野頼三が三木に進言したために、坂田が防衛庁長官に就任した。法相在任中には、「日本国憲法は欠陥憲法」と発言して当時主流の護憲派の糾弾を受ける。また在任中にロッキード事件が発覚。法相として新聞のインタビューで「これまで逮捕した連中は相撲に例えれば十両か前頭。これからどんどん好取組が見られる」「捜査は奥の奥まで神棚の中までやる」とコメントを残し、7月27日検察首脳会議で決定された田中角栄逮捕を許可した。この稲葉の姿勢に対して田中派は猛反発し、それを受けて稲葉も反角栄の立場を固めることになった。

大平正芳内閣時には、三木、福田赳夫、中曽根の三派提携に動き、大角連合と鋭く対立した。1980年ハプニング解散でも所属する中曽根派の意向に反して、中尾栄一と共に反主流派の大平内閣不信任決議欠席に同調したが、第36回衆議院議員総選挙衆参同日選挙)で落選の憂き目に会う。1983年第37回衆議院議員総選挙で国政復帰、1990年衆議院解散に伴い、議員引退。

釣り相撲好きで、日本相撲協会から請われて横綱審議委員会委員を務めた。

横綱審議委員会員時代の1986年7月場所後、日本相撲協会から北尾光司の横綱昇進を問う審議が行われた。他の委員は昇進に賛成したものの、稲葉だけは「横綱に求められる『心・技・体』のうち、北尾は「体」だけしか持っていない。『技』は点数にするならせいぜい3、4点程度しかなく、『心』は0点だ」「北尾は一回も(幕内で)優勝していない[1][2]。優勝してから横綱に上げても遅くはない」「身体は文句なしだが、精神面に甘さがある」と主張して最後まで昇進に反対したことで知られる。その稲葉の見立ては、1987年暮れに発生した双羽黒廃業騒動で証明される形となった。

囲碁好きでも知られ、藤沢秀行後援会会長だった。1972年に大倉喜七郎賞を受賞。

皮肉屋で、歯に衣着せぬ発言でも知られた。親の地盤を継ぐ世襲議員が増えてきた状況について、「政界は養殖の鮎がうようよ泳いでいるようになってしまった」と表現してみせたこともある。

法相在任中に大久保清死刑執行許可印を押したことでも知られている。稲葉が法相を務めた時期は、その前後の法務大臣と比較して死刑の執行数が増加した。

1992年8月15日、老人性肺炎と心不全のため死去[3]享年82。

出演[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 北尾は十両優勝と序ノ口優勝を各一回果たしているが横綱昇進には全く関係なく、幕内最高優勝が連覇どころか一度も無い状態のまま昇進させる点が不審だと考えたのである。
  2. ^ 双羽黒以前にも、優勝経験なしで横綱へ上がった例として1923年西ノ海嘉治郎 (3代)1942年照國萬藏があった。西ノ海と双羽黒の場合、その当時いずれも横綱が一人だけ(栃木山/千代の富士)で、番付上のバランスからもう一人の横綱を求めるという経緯があった。
  3. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)4頁

関連項目[編集]

  • 横綱
  • 双羽黒光司 - 横綱昇進時に最後まで稲葉は反対したが、多数決で昇進が決定した。