島村一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

島村 一郎(しまむら いちろう、1894年明治27年)9月7日[1] - 1977年昭和52年)2月1日[1][2])は日本の政治家。衆議院議員。正三位勲一等。

自由民主党元衆議院議員島村宜伸は六男[1]

経歴[編集]

東京府南葛飾郡小松川町平井(現在の東京都江戸川区平井)に生まれる。

中央大学中退[1]。小松川町会議員、小松川町長、東京府議、江戸川区会議長、東京市議同都議などを経て大蔵大臣秘書官となった[1][2]

昭和21年(1946年東京1区(のち東京6区10区)から立候補し、次点となるが、鳩山一郎公職追放による繰上当選となり、衆院議員となる。以来連続当選12回[1][2]

1955年(昭和30年)第2次鳩山内閣通商産業政務次官[1][2]。衆院大蔵、商工、懲罰東京オリンピック大会準備促進特別委員長を歴任[1][2]。また自由党日本民主党各政調会副会長、自民党総務、同東京湾開発特別委員長を務めた[1][2]

列国議会同盟会議に議員団代表で4回出席した[1]

エピソード[編集]

  • 引退時、「政治は世襲ではない」と表明して子息宜伸の出馬に反対したが、後援会関係者の説得により宜伸の立候補をしぶしぶ認めた。
  • 選挙のたびに政治資金集めで苦労していた議員の一人であった。資金難も手伝っていわゆる陣笠議員に甘んじた。一度も入閣を果たせず、自民党執行部役員にもなれなかったが、国会内では重鎮議員の1人であった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『政治家人名事典』261頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』313頁。

参考文献[編集]

  • 『政治家人名事典』編集・発行 - 日外アソシエーツ、1990年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
議会
先代:
村上勇
日本の旗 衆議院懲罰委員長
1974年 - 1976年
次代:
宇田国栄
先代:
天野公義
日本の旗 衆議院商工委員長
1967年 - 1968年
次代:
小峰柳多
先代:
新設
日本の旗 衆議院大蔵委員長
1948年
次代:
川野芳満