島村一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

島村 一郎(しまむら いちろう、1894年9月7日 - 1977年2月1日)は日本の政治家。元衆議院議員。正三位勲一等。

自由民主党元衆議院議員島村宜伸は六男。

経歴[ソースを編集]

東京都南葛飾郡小松川町平井(現在の江戸川区平井)に生まれる。

中央大学中退。小松川町長、東京府議、江戸川区会議長、東京市議、同都議などを経て大蔵大臣秘書官となった。

昭和21年(1946年)東京6区(のち10区)から衆院議員となり、連続当選12回。

昭和30年(1955年第2次鳩山内閣通産政務次官。衆院大蔵、商工、懲罰、東京オリンピック大会準備促進特別委員長を歴任。また自由党、日本民主党各政調会副会長、自民党総務、同東京湾開発特別委員長を務めた。

列国議会同盟会議に議員団代表で4回出席した。

エピソード[ソースを編集]

  • 引退時、「政治は世襲ではない」と表明して子息宜伸の出馬に反対したが、後援会関係者の説得により宜伸の立候補をしぶしぶ認めた。
  • 大西英男(現・衆議院議員)・鈴木一光(現・東京都議会議員)・逢澤義朗(現・埼玉県議会議員・前副議長)ら、自身の下で働いた秘書の多くを政治家に育てた。
  • 温厚篤実かつ地味な人柄で、「ゴミ問題」・「航空機騒音問題」・「成田新幹線問題」等でと激しく折衝した地元の故・中里喜一江戸川区長の勢いに困惑することもしばしばであったという。
  • 選挙のたびに政治資金集めで苦労していた議員の一人であった。資金難も手伝っていわゆる陣笠議員に甘んじた。一度も入閣を果たせず、自民党執行部役員にもなれなかったが、国会内では重鎮議員の1人であった。

参考文献[ソースを編集]

  • 『政治家人名事典』(1990年、編集・発行 - 日外アソシエーツ)261頁