鯨岡兵輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
鯨岡 兵輔
くじらおか ひょうすけ
生年月日 1915年9月15日
出生地 福島県いわき市
没年月日 (2003-04-01) 2003年4月1日(満87歳没)
出身校 早稲田大学商学部卒業
所属政党 自由民主党→)
(無所属→)
自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
親族 父の従弟:高田富與(元札幌市長、衆議院議員)

在任期間 1993年8月6日 - 1996年9月27日
議長 土井たか子

日本の旗 第12代 環境庁長官
内閣 鈴木善幸内閣
在任期間 1980年7月17日 - 1981年11月30日

選挙区 東京10区→)
比例東京ブロック
当選回数 12回
在任期間 1963年11月22日 - 2000年6月2日

選挙区 足立区選挙区
当選回数 2回
在任期間 1955年4月 - 1963年4月
テンプレートを表示

鯨岡 兵輔(くじらおか ひょうすけ、1915年(大正4年)9月15日 - 2003年(平成15年)4月1日)は、日本政治家である。福島県石城郡四倉町(現・いわき市)出身。正三位勲一等旭日大綬章

来歴・人物[編集]

4歳の時に東京都足立区千住に転居。早稲田大学卒業後召集され、陸軍航空大尉で終戦を迎えた。旧東京10区から衆議院議員に連続12回当選し、下町育ちの「江戸っ子政治家」として知られた[要出典]

三木武夫直系の政治家として政界の腐敗を批判した。鯨岡は三木と松村謙三に師事したが1964年(昭和39年)に松村が同志数名とともに三木派を離脱し小派閥の松村派を結成した際には松村と相談の上、三木派に残留した。その後は三木派、河本派に所属したが、晩年は河本派を離れ、寵愛していた河野洋平の後ろ盾として行動した。

身辺が清潔なことで知られ、自由民主党ハト派を代表する硬骨の政治家としても知られた[要出典]

家族・親族[編集]

野球殿堂入りした豊田泰光は従弟。札幌市長・衆議院議員を歴任した高田富與は父の従弟。

略歴[編集]

エピソード[編集]

  • 環境庁長官時代に環境問題に熱心に取り組み、内閣改造時には環境保護団体から異例の留任要請が出た[要出典]
  • 宇野宗佑内閣総辞職後の自民党総裁選では竹下派主導による海部俊樹の擁立に対し、河本派内で三木直系として知られる坂本三十次(坂本は1990年発足の第2次海部内閣で官房長官に就任)とともに反対した[要出典]
  • 選挙制度改革には慎重だったものの、腐敗防止には熱心に取り組み、政治改革に尽力した[要出典]
  • 自民党が野党に転落した際、土井たか子衆議院議長の就任に反発する自民党の一部からは副議長の推薦をボイコットするべきとの意見が挙がったが、鯨岡が副議長に立候補したために無事に国会が開催された[要出典]


議会
先代:
村山喜一
日本の旗 衆議院副議長
第59代:1993年 - 1996年
次代:
渡部恒三
先代:
栗原祐幸
日本の旗 衆議院外務委員長
1976年
次代:
藤本孝雄
公職
先代:
土屋義彦
日本の旗 環境庁長官
第12代:1980年 - 1981年
次代:
原文兵衛
先代:
海部俊樹
日本の旗 内閣官房副長官(政務担当)
1976年
次代:
塩川正十郎