喜多壯一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
喜多 壯一郎
きた そういちろう
Kita Soichiro.jpg
生年月日 1894年2月24日
出生地 石川県
没年月日 (1968-01-28) 1968年1月28日(満73歳没)
出身校 早稲田大学
前職 早稲田大学教授
所属政党 立憲民政党
翼賛政治体制協議会
改進党

選挙区 石川県第2区
当選回数 4回
在任期間 1936年2月20日 - 1945年12月18日
1953年4月19日 - 1955年1月24日
テンプレートを表示

喜多 壯一郎(きた そういちろう、1894年2月24日[1] - 1968年1月28日[2])は、日本衆議院議員立憲民政党改進党日本民主党)。法学者。専門は国際法

経歴[編集]

石川県羽咋郡北大海村(現在の宝達志水町)出身[3]1917年大正6年)、早稲田大学英語政治科を卒業した後、アメリカ合衆国ノースカロライナ州立大学大学院、プリンストン大学ジョンズ・ホプキンス大学スイスチューリッヒ大学に留学した[1]1922年(大正11年)に帰国し、早稲田大学で講師として「新聞研究講座」を担当[1]。また第一早稲田高等学院教授を務めた[1]1925年(大正14年)に再び留学し、アメリカ、イギリス、ドイツ、スイスの大学を視察した[1]1928年(昭和3年)に帰国後、早稲田大学新聞学会会長、同講演部長、教授に就任した。

1936年(昭和11年)、第19回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。さらに第20回第21回でも再選を果たし、米内内閣商工参与官を務め、また国民精神総動員本部参与[2]大政翼賛会国民生活指導部長[2]、商業報国会中央本部長[4]に就任した。

戦後、公職追放となり[5]、追放解除後の1953年(昭和28年)、第26回衆議院議員総選挙に当選して返り咲き、衆議院外務委員長に就任した[2]

著書[編集]

  • 『米国学生々活』(アルス、1922年)
  • 『法学概論』(稲門堂書店、1924年) - 中村万吉と共著
  • 『カフエー・コーヒー・タバコ』(春陽堂、1929年)
  • 『新聞展望台』(春陽堂、1929年)
  • 『街頭政治学』(木村書房、1931年)
  • 『ジャーナリズムの理論と現象』(千倉書房、1932年)
  • 『政治の知識』(非凡閣、1934年)
  • 『英雄に何を学ぶか』(今日の問題社、1936年)
  • 『生活新体制の心構へ』(大政翼賛会宣伝部、1940年)
  • 『商報戦線に起ちて』(翼賛図書刊行会、1943年)
  • 『戯曲 北条時宗』(旺文社、1943年)
  • 『教科書はどうすればよくなるか 新しい教科書制度への一考察』(教科書研究会、1956年)
  • 『たばこ』(知性社、1959年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 早稲田大学紳士録 1939.
  2. ^ a b c d 議会制度百年史 1990.
  3. ^ 衆議院要覧 1942.
  4. ^ 人事興信録 1943.
  5. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年255頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 早稲田大学紳士録刊行会編 『昭和十五年版 早稲田大学紳士録』 早稲田大学紳士録刊行会、1939年
  • 『衆議院要覧(乙) 昭和十七年十一月』 衆議院事務局、1942年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(上)』 人事興信所、1943年
  • 衆議院・参議院編 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1990年