尾佐竹猛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
尾佐竹猛

尾佐竹 猛(おさたけ たけき、1880年1月20日 - 1946年10月1日)は、日本法学者(専門は法制史)、明治文化研究者。学位法学博士大審院判事。号は雨花子。

人物[編集]

1880年1月20日、石川県金沢に旧加賀藩の儒者の子として生まれる。上京後、明治法律学校(現明治大学)に学び、1899年卒業[1]。同年、第1回判事検事登用試験に合格し、司法官試補。福井地方裁判所東京控訴院名古屋控訴院判事を務める。1924年から1942年まで大審院判事

判事の地位に留まらず、憲政史や刑罰史など法制史の研究を手がけた。研究姿勢は、史料を重視した実証主義、洒脱な着眼点、談話調で達意な文章を特徴とする。一方で、1924年に吉野作造宮武外骨らとともに明治文化研究会を設立し、『明治文化全集』などを編集、後に吉野の後を継いで第2代会長に就任した。1918年以後執筆活動を活発化させ、1920年に日本の新聞の先駆者の1人である柳川春三を論じた論文「(新聞雑誌之創始者)柳川春三」を発表、1925年『維新前後に於ける立憲思想』を出版、これにより1928年8月20日法学博士となる[2][3]。1930年出版の『日本憲政史』では、幕末から帝国議会開設に至る立憲政治の確立過程を描いた。1936年から『法律及政治』にて「帝国議会史前史」を連載、大政奉還五箇条の御誓文自由民権運動などに関して新たな視点を提起した(1939年『(維新前後に於ける立憲思想』として刊行)。1938年、貴族院五十年史編纂会と衆議院憲政史編纂会の委員長に就任。このほか、明治大学法学部教授、九州帝国大学法学部講師を務めた。退官後は憲政史研究に専念するも、戦災などによって困難を極め、志半ばの1946年10月1日死去、享年67。墓所は金沢市の蓮覚寺

備考[編集]

  • 明治文化研究会に所属し独自の歴史研究を展開した尾佐竹だが、あくまで専門の歴史研究家ではない。同様に明治文化研究会に所属していた歴史学者大久保利謙もその回想の中で、参会者のほとんどは民間の研究者や好事家であり専門の歴史研究者はあまり参加しなかったと認めている。また、作家の松本清張は『松本清張全集 (66) 老公 短篇6』の中で、小説の登場人物に仮託する形で『藤田組贋札事件について出鱈目なことを書いたかの有名な尾佐竹猛氏』と、痛烈な批判を残している。同書によると尾佐竹の論文には明白な事実誤認が散見され、確たる証拠の提示や、綿密な調査を行わず、推論での批判を展開していると指摘されている。

著作[編集]

  • 『賭博と掏摸の研究』(総葉社書店、1925年)
  • 『維新前後に於ける立憲思想』(文化生活研究会、1925年)NDLJP:1018600
  • 『日本憲政史』(日本評論社、1930年)
  • 『日本憲政史大綱』上、下巻(日本評論社、1938-1939年)
  • 『明治維新』上、中、下巻(白揚社、1942-1944年)

近年校訂出版された主な著書

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 明治大学校友会会員名簿 大正13年7月』 明治大学校友会本部、1924年、741頁。 
  2. ^ 『官報』第500号、昭和3年8月25日、p.682
  3. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2017年6月17日閲覧。

関連項目[編集]

  • 鈴木安蔵 - 尾佐竹の知遇を得て憲政史の研究に従事。