藤田伝三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
勲二等旭日重光章を着用した藤田傳三郎

藤田傳三郎(ふじた でんざぶろう、1841年7月3日天保12年5月15日) - 1912年3月30日)は、日本実業家明治時代の大阪財界の重鎮で、藤田財閥の創立者である。建設・土木、鉱山、電鉄、電力開発、金融、紡績、新聞、などの経営を手がけ、今日の多くの名門企業の前身を築いた。また有能な経営者を多数育て、美術品の収集家、慈善事業家、数寄者としても名高い。号を香雪と称す。藤田組の創始者。男爵(民間人で初めての男爵)。現在の山口県萩市出身。元奇兵隊士

長男は平太郎、次男は徳次郎、3男は彦三郎。甥に田村市郎久原房之助

生涯[編集]

生い立ち[編集]

長州藩・萩(現山口県萩市)の酒屋の4男に生まれた。家業は醸造業のほか、藩の下級武士に融資をおこなう掛屋を兼営していた。幕末の動乱期に高杉晋作に師事して奇兵隊に投じ、木戸孝允山田顕義井上馨山縣有朋らと交遊関係を結び、この人脈が後に藤田が政商として活躍する素因となった。

明治2年(1869年)、長州藩が陸運局を廃止して大砲・小銃・砲弾・銃丸などを払い下げた時、藤田はこれらを一手に引き受け、大阪に搬送して巨利を得た。同年、大阪に出て革靴の製造からスタートし、建設業に手を広げた藤田は、明治10年(1877年)の西南戦争で陸軍に被服、食糧、機械、軍靴を納入、人夫の斡旋までして、三井三菱と並ぶ利益をあげた。

藤田組贋札事件[編集]

明治11年(1878年)12月に各府県から政府に納められた国庫金の中から贋札が発見され、政府内は騒然となった。やがて明治12年(1879年9月15日、「ドイツ滞在中の井上馨と組んで現地で贋札を製造して秘かに持ち込んで会社の資金にしようと企てた」という疑惑によって藤田の会社に家宅捜索が入り、藤田は中野梧一・藤田辰之助・藤田鹿太郎・新山陽治・佐伯勢一郎・河野清助・入江伊助ら7名と共に拘引され、10月16日に東京に移送される(藤田組贋札事件)。しかし12月20日、何ら証拠がなく無罪放免となり、3年後の明治15年(1882年9月20日神奈川県愛甲郡中津村の医師兼画家工・熊坂長庵から2円紙幣の贋札(2000枚行使)815枚と用紙及び印刷器具が押収され、冤罪が晴れた。

何故濡れ衣を着せられたのか。1つにはまず長州人脈を頼りに、若くして大金持ちになったことを妬まれたことがあった。もう1つは、背後に薩摩と長州の勢力争いがあった。薩摩側は西郷隆盛の戦死や大久保利通の暗殺と次々に有力者を失い、長州に押されていた。そこで薩摩閥が支配していた内務省警視局を動かして、長州系の大物の不正を暴く戦術が練られた。これより前に、長州閥の山縣有朋が政商・山城屋和助の汚職事件に連座したとして、危うく政治生命を失いかけたことがあった。ニセ札に関する密告情報を得た警視局が井上馨と傳三郎を追い落とす同様の好機であった。

井上は明治6年(1873年)、大蔵大輔の時に尾去沢銅山(秋田県)に関連して、当時の山口県参事(知事)・中野梧一と結託して不正を働いたとして追及され、一時政界を追われた。その中野も当時の藤田傳三郎商社の共同経営者で、やはりニセ札事件で検挙されているため、井上・中野・藤田の3人は黒い糸でつながっているとの見方があった。その見方を世間に定着させることになったのは、この事件の直後から主として藩閥政治に批判的で自由民権運動に共感する講談師たちが語り始めた藤田の伝記だった。この伝記は虚実とりまぜた内容だったが、藤田は自身の主義として一切抗議も弁明もしなかったから、事実としてまかり通ることになってしまった。

財閥の形成[編集]

ニセ札事件の直後は陸軍や大阪府からの発注が途絶え、苦境に立たされた。しかし明治14年(1881年)、それまでの藤田傳三郎商社を藤田組に組織替えして再出発を図った。藤田組は鉄道建設をはじめ、大阪の五大橋の架橋、琵琶湖疏水などの工事を請け負い、建設業で躍進すると共に明治16年(1883年)には大阪紡績(東洋紡の前身)を立ち上げ、紡績業にも進出した。

更に明治17年(1884年)、小坂鉱山(秋田県)の払い下げを受けると、技術革新に力をいれ、明治30年代後半には、銀と銅の生産で日本有数の鉱山に成長させた。そのほか、阪堺鉄道南海電鉄の前身)、山陽鉄道国鉄に吸収)、宇治川電気関西電力の前身)、北浜銀行(後に三和銀行)などの創設に指導的役割を果たした。毎日新聞も行き詰った「大阪日報」を藤田が大阪財界人に呼びかけ「大阪毎日新聞」として再興したものだ。このように、多角的事業経営に乗り出し財閥を形成していった。

児島湾干拓事業[編集]

特筆すべきは、児島湾干拓事業である。この計画は岡山藩の時代からあり、一部着工されていた。明治になって旧藩士たちが工事を進めようとしたが、資金難から藤田を頼ってきた。採算の見通しは持てなかったが、大がかりな国土創成計画に夢を感じ引き受けた。このあたりは、政商という世間の評を超えたスケールの大きさである。

干拓事業は明治17年に出願、5年後の明治22年(1889年)に認可されたが、地元の反対運動、不況、大洪水などあり着工したのは認可から10年後の明治32年(1899年)となった。全部で5500町歩の広大な海を7区に分けて埋め立て、第1区から5区までは藤田組の単独施工で、昭和25年(1950年)に完成した。第6区は藤田組と農林省と農地開発営団が手がけ、全部が完成したのは昭和38年(1963年)で、着工以来実に65年の歳月がかかったことになる。

この功績によって、第2区を中心とした干拓地に作られた村には藤田の地名がつけられた。これは後に同村が岡山市に合併された後も地区名として残されている。そのため岡山市域においては藤田傳三郎と言えば「藤田村を作り上げた人」と小学校の社会の授業の地域史にて教えられることが多く、岡山出身者には前述の功績・事件を知らずとも、何をおいてもその点で地域に殉じた大いなる偉人として認知されている。

調停と応接の妙[編集]

大阪の財界活動にそれなりの足跡を残した。特にもめ事の調停役として力を発揮した。大阪商法会議所(商工会議所)の設立では発起人となり、明治18年(1885年)、五代友厚のあとの第2代会頭となった。明治20年(1887年)には大阪商品取引所の初代理事長となっている。明治35年(1902年)の大阪市大阪ガスの道路の使用料をめぐる紛争の調停や、南海鉄道と浪速電車の対立の調停にもあたり両社を合併させた。

日常の生活ぶりを人は「籠城主義」と評した。新聞や雑誌に書くことも、インタビューも受けなかった。写真を撮られることが大嫌いで、50歳ごろの写真が数枚残るだけという。会社にもあまり出社せず、財界のパーティも敬遠した。しかし自宅を訪れる人にはこまめに会いよく話を聞いた。藤田邸には公私の来客が絶えなかった。

人材を世に送る[編集]

藤田は、一旦適任者と判断して仕事を任せると疑うことはなかった。三井物産、三井銀行を経て、北浜銀行に呼ばれた岩下清周は荒馬として有名で、三井の総帥・中上川彦次郎でさえてこずったほどだった。毎日新聞を全国紙に育てた本山彦一時事新報から藤田組に引き抜かれた。児島湾干拓事業で手腕を発揮した後毎日新聞に移り、さらに飛躍した。

戦前、戦後の政界で「怪物」の異名をとった久原房之助は藤田の実の甥である。森村組にいたのを藤田に呼ばれ小坂鉱山に赴任、新技術を導入して、藤田組の経営立て直しに功があった。久原は藤田組の支配人にまでのぼりつめた後に独立。一時は久原財閥を形成するほどの勢いだった。第一次大戦後の不況で行き詰まり、経営を義兄の鮎川義介に譲って政界入りした。

藤田は明治44年(1911年)8月25日に民間人で初めて男爵に叙されたが、それは桂太郎と岩下清周の協力の賜物であった。

美と教育[編集]

藤田が集めた美術品は「藤田コレクション」として名高い。大阪市都島区網島町の旧藤田邸跡にある藤田美術館には、藤田と息子平太郎と徳次郎が集めた国宝9点、重要文化財51点を含む数千点が収納されている。藤田の大阪本邸は太閤園、東京別邸は椿山荘、箱根別邸は箱根小涌園、京都別邸はホテルフジタ京都に衣替えし、藤田観光が経営する。

美術品蒐集だけでなく、慈善事業や学校教育のための寄付に励み、自身は兼ねがね徒手空拳から大富豪になったので「富者の楽しみ」と「貧困の味」をよく知っていると語っていた。また日本女子大学の化学館、慶應義塾大学の旧図書館の建設や、早稲田大学の理工学部の創設などには、藤田からの多額の寄付があてられた。

尚、藤田が明治十八年の淀川洪水によって被害を受けた大長寺(後に移転)の敷地を買い取って建てた大阪本邸(網島御殿)の土地は戦後に分割されて藤田美術館、太閤園の他、藤田邸跡公園大阪市公館になっている。

栄典[編集]

参考文献[編集]

  • 佐藤英達『藤田組の発展その虚実』三恵社, 2008年[3]
  • 藤田衣風「特別研究 藤田傳三郎の真実」『歴史研究』2006年8月号

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第1478号「叙任及辞令」1888年6月5日。
  2. ^ 『官報』第5589号「叙任及辞令」1902年2月24日。
  3. ^ http://books.google.co.jp/books?id=63Nh-8zcbAoC&printsec=frontcover&hl=ja#v=onepage&q&f=true

関連項目[編集]

外部リンク[編集]