三谷太一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三谷 太一郎
(みたに たいちろう)
生誕 (1936-09-29) 1936年9月29日(80歳)
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本 岡山県岡山市
研究分野 政治学歴史学
研究機関 東京大学
成蹊大学
主な業績 近代日本における政党内閣形成期の
内政外交思想研究
主な受賞歴 吉野作造賞1974年
プロジェクト:人物伝

三谷 太一郎(みたに たいちろう、1936年9月29日 - )は、日本政治学者歴史学者東京大学名誉教授宮内庁参与日本学士院会員。専門は日本政治外交史、特に大正デモクラシー期の日本政治史研究で知られる。

東京大学法学部学部長、東京大学大学院法学政治学研究科研究科長成蹊大学特別任用教授などを歴任した。

人物[編集]

岡山県岡山市生まれ。父の三谷堅志は弁護士。東京大学法学部で岡義武に師事、助手助教授教授を務め、法学部の学部長法学政治学研究科研究科長などを歴任した。定年退任後は、成蹊大学法学部の教授や特別任用教授などを務めた。日本学士院では第一部第二分科に所属する。

略歴[編集]

  • 1955年 千葉県立千葉第一高等学校卒業
  • 1960年 東京大学法学部政治学科卒業
  • 1960年 東京大学法学部助手
  • 1963年 東京大学法学部助教授
  • 1973年 東京大学法学部教授
  • 1994年 東京大学法学部長・大学院法学政治学研究科長(-1996年)
  • 1997年 成蹊大学法学部教授、東京大学名誉教授
  • 2002年 成蹊大学特別任用教授
  • 2005年 成蹊大学を退職

この間、コロンビア大学東アジア研究所(1969-70年)、ハーヴァード大学東アジア研究所(1970-71年)、オックスフォード大学セント・アントニーズ校(1980年)、ロンドン大学東洋アフリカ研究学院(SOAS・1980年)の各校で在外研究。

学外における役職[編集]

  • 1983年 文部省大学設置審議会委員(-1988年)
  • 1993年 日本政治学会理事長(-1995年)
  • 1994年 日本学術会議第16・17期会員(-2000年)
  • 2002年 日本学士院会員
  • 2002年 日韓歴史共同研究委員会日本側座長(第1期)
  • 2002年 司法改革国民会議運営委員
  • 2006年 宮内庁参与(天皇家の相談役)
  • 21世紀臨調特別顧問

賞歴[編集]

栄典[編集]

2011年11月3日、文化勲章親授式後の記念撮影にて沖縄科学技術研究基盤整備機構ユニット代表研究者柳田充弘(左端)、名城大学窒化物半導体基盤技術研究センターセンター長赤﨑勇(左から2人目)、日本芸術院会員丸谷才一(中央)、日本芸術院会員大樋年朗(右から2人目)と

著作[編集]

単著[編集]

  • 『日本政党政治の形成――原敬の政治指導の展開』(東京大学出版会、1967年/増補改訂版、1995年)
  • 『大正デモクラシー論――吉野作造の時代とその後』(中央公論社、1974年/新版.東京大学出版会、1995年/第3版.東京大学出版会、2013年)
  • 『近代日本の司法権と政党――陪審制成立の政治史』(塙書房、1980年)
  • 『二つの戦後――権力と知識人』(筑摩書房、1988年) 
  • 『近代日本の戦争と政治』(岩波書店、1997年/新版.岩波人文書セレクション、2010年)
  • 『政治制度としての陪審制――近代日本の司法権と政治』(東京大学出版会、2001年/増補版、2013年)
  • ウォール・ストリートと極東――政治における国際金融資本』(東京大学出版会、2009年)
  • 『学問は現実にいかに関わるか』(東京大学出版会、2013年)
  • 『人は時代といかに向き合うか』(東京大学出版会、2014年)
  • 『戦後民主主義をどう生きるか』(東京大学出版会、2016年)
  • 『日本の近代とは何であったか 問題史的考察』(岩波新書、2017年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 日本の名著(48)吉野作造』(責任編集、中央公論社、1972年)
    • 抄版『吉野作造論集』 (中公文庫、1975年) 
  • 『言論は日本を動かす(1)近代を考える』(講談社、1986年)
  • 『言論は日本を動かす(5)社会を教育する』(講談社、1986年)
  • 尾佐竹猛 『大津事件 ロシア皇太子大津遭難』 (校注・解説、岩波文庫、1991年)  

共編著[編集]

外部リンク[編集]