三原朝彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
三原朝彦
みはら あさひこ
生年月日 1947年5月23日(69歳)
出生地 福岡県遠賀郡遠賀町
出身校 一橋大学
カールトン大学
所属政党 自由民主党→)
新党さきがけ→)
自由民主党(額賀派
称号 法学士(一橋大学)
国際関係学修士(カールトン大学)
親族 父・三原朝雄
公式サイト あさやんnet

選挙区 旧福岡2区→)
比例九州ブロック→)
福岡9区
当選回数 7回
在任期間 1986年7月8日 - 1996年9月27日
2003年10月21日 - 2009年7月21日
2012年12月19日[1] - 現職
テンプレートを表示

三原 朝彦(みはら・あさひこ、1947年5月23日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(7期)、自民党副幹事長

福岡県遠賀郡遠賀町出身。父は元自民党衆議院議員の三原朝雄

履歴[編集]

政策[編集]

その他[編集]

  • 中選挙区の時代は、旧筑前国のうち北九州市西部と遠賀・直鞍・嘉飯山地域からなる旧福岡2区を地盤としていた。旧福岡2区は、小選挙区制導入後は北九州市地域の福岡9区と、それ以外の地域の福岡8区とに分かれた。三原は遠賀町が地元であるため本来の地盤は福岡8区だが、この地は飯塚市出身の麻生太郎にとっても地盤である。そこで、1996年当時、三原が所属していたさきがけは自民党と連立政権を組んでいたこともあり、当時の最大野党である新進党や同じく日本労働組合総連合会を中心とした新党(旧民主党)に対抗するために調整が行われた結果、遠賀町は北九州市に近いという理由から、三原が9区に回った。
  • 三原が支部長を務める自民党福岡県第9選挙区支部が第43回衆議院議員総選挙直前の2003年11月6日に世界基督教統一神霊協会(統一教会)の関連団体である「世界平和連合」から30万円の政治献金を受け取っていたことが、福岡県選挙管理委員会が公表した政治資金収支報告書から判明している[7]
  • 家族は妻、長女、次女[8]

所属団体・議員連盟[編集]

著作[編集]

  • 『普通の人から政治家へ-お金のハードルを越えて-』せいごの会、1996年5月。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成24年(2012年)12月19日福岡県選挙管理委員会告示第136号(衆議院小選挙区選出議員選挙における当選人の住所及び氏名等)
  2. ^ 比例貢献が基準?公明が自民92候補を推薦(2009年7月30日20時25分 読売新聞)
  3. ^ 「衆院予算委員長に竹下氏 自公が内定」日本経済新聞2015/11/20
  4. ^ 政策CPプロジェクト - 衆議院選挙2005アンケート
  5. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  6. ^ 「<憲法特集>九州・沖縄の国会議員アンケート(3)主なテーマ」、西日本新聞、2016年4月30日。
  7. ^ “統一教会系から30万献金 三原衆院議員が支部長”. 共同通信社. 47NEWS. (2004年11月17日). http://www.47news.jp/CN/200411/CN2004111701000713.html 2012年9月20日閲覧。 
  8. ^ プロフィール

外部リンク[編集]


議会
先代:
吉野正芳
日本の旗 衆議院原子力問題調査特別委員長
2016年 -
次代:
現職
先代:
菅直人
日本の旗 衆議院外務委員長
1995年 - 1996年
次代:
関谷勝嗣