フィリペ・ニュシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フィリペ・ジャシント・ニュシ
Filipe Jacinto Nyusi
Filipe Nyusi, President, Republic of Mozambique - 2018 (40689535485) (cropped).jpg

任期 2015年1月15日

出生 (1959-02-09) 1959年2月9日(63歳)
ポルトガルの旗 ポルトガル領東アフリカ
政党 モザンビーク解放戦線
配偶者 イザウラ・ニュシ

フィリペ・ジャシント・ニュシ(Filipe Jacinto Nyusi(Nyussiとも[1]), 1959年2月9日 - )は、モザンビーク政治家。同国の第4代大統領フィリッペ・ニュシとも表記される[2]。2014年の大統領選で与党モザンビーク解放戦線(FRELIMO)の候補となり[3]、当選[4]2015年就任。2008年から2014年まで防衛大臣を務めた。

生い立ち[編集]

カボ・デルガード州ムウェダ地区のナマウで生まれる。彼の両親はどちらもモザンビーク解放運動の古参兵であった。モザンビーク独立戦争が始まると、彼はルブマ川からタンザニアへ渡り、トゥンドゥルのFRELIMOの小学校で教育を受ける。中学校はカボ・デルガード州のMaririにあるFRELIMOの学校とベイラサモラ・マシェル中学校に通った[5]

1973年、14歳の時、FRELIMOに加入し、タンザニアのナチングウィアで政治学と軍事訓練を受ける[6]

1990年チェコスロバキアのブルノ技術大学で機械工学の学位を修得[7]。また彼は、イングランドマンチェスターのヴィクトリア大学の大学院で経営学を学んでいる[8]

アルマンド・ゲブーザ内閣入りする前、ニュシは国営のMozambique Ports and Railways(CFM)に就職[5]1995年、彼はCFM-Norte(CFMの北部を管轄する会社)の業務執行取締役に就任し[5]2007年の会社の取締役会に参加している。

1993年から2002年まで、ニュシはClube Ferroviário de Nampulaナンプラをホームタウンとするモザンビークのサッカー最上位リーグのチーム)の会長を歴任。また彼はモザンビーク教育大学のナンプラキャンパスの講師[9]や、アフリカリーダーシップイニシアティブのフェロー、民族解放闘争の戦闘員の全国委員会(ポルトガル語: Comité Nacional dos Combatentes da Luta de Libertação Nacional)のメンバーを務める[10]。またインド南アフリカスワジランドアメリカで更なる経営学の勉強もしている[9]

政治家として[編集]

ニュシは2008年3月27日に防衛大臣に就任[11]。彼の就任はマプトの武器庫で起きた爆発で100人以上が亡くなった事故からちょうど1年が経った頃だった。彼の前任者は事故の対応の遅れを指摘され、解任となっていた[12]

2012年、ニュシは与党FRELIMOの第10回大会で中央委員会に選出される[5]

大統領として[編集]

2014年3月1日、FRELIMO中央委員会はニュシを2014年の大統領選候補に選出した。1回目の投票でニュシは46%の投票で元首相のルイサ・ディオゴを上回るものの、過半数には達せず[5]、2回目の投票で68%の得票を獲得、ディオゴの31%を上回り、大統領候補に選出となった[5]。ニュシは他の候補に比べ知名度での課題は残すものの[5]、ディオゴが党内で大統領のゲブーサに批判的なのに対し、ゲブーサに政治思想的に近く、彼が任期を終えて退任した後も影響力を残せるとみなされていた[13]。同年10月15日、大統領選挙で57%の得票を獲得し当選[4]。就任式は2015年1月15日に行われ、5ヶ国の国家元首がセレモニーに参加した。

2017年3月15日日本を訪問し、安倍晋三総理大臣と首脳会談などを行った[14]

2019年10月15日の大統領選挙英語版では得票率73.0%で再選され、当時に行われた議会総選挙もFRELIMOが184議席で過半数を獲得したが、野党は選挙に不正があったと主張した[15]

2020年1月9日にカルロス・アゴスティーニョ・ド・ロザーリオ首相、5人の大臣、2人の州知事、政府顧問1人の合計9人を解任した。彼らの大半は前年の共和国議会総選挙で当選し、議員就任を13日に控えていたが、モザンビーク憲法では議員が公職を兼ねることを禁じていることが解任の理由と推測された[16]。しかし結局は1月17日にロザーリオを首相に再任した[17]

人物[編集]

ニュシはマコンデ族のコミュニティのメンバーである[18]。彼は既婚で、イザウラ夫人との間に4人の子供がいる[7][19]

脚注[編集]

  1. ^ Hanlon, Joseph (2014年3月1日). “Filipe Nyussi to be Frelimo presidential candidate” (PDF). Mozambique News Reports & Clippings(英語). http://www.open.ac.uk/technology/mozambique/sites/www.open.ac.uk.technology.mozambique/files/files/Mozambique_243-Nyussi_Frelimo_candidate-1March14.pdf 2015年7月3日閲覧。 
  2. ^ “逢沢総理特使のモザンビーク大統領就任式出席(結果)”. 日本外務省. (2015年1月29日). https://www.mofa.go.jp/mofaj/afr/af2/mz/page3_001070.html 2015年7月3日閲覧。 
  3. ^ Simon, Allison (2014年3月3日). “Meet the next president of Mozambique: Filipe Nyussi”. Daily Maverick(英語). http://www.dailymaverick.co.za/article/2014-03-03-meet-the-next-president-of-mozambique-filipe-nyussi/#.VZZpmfntlBc 2015年7月3日閲覧。 
  4. ^ a b “現職後継ニュシ氏が当選 モザンビーク大統領選”. U.S. FrontLine. (2014年10月30日). http://www.usfl.com/?p=58394 2015年7月3日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g “Mozambique: Filipe Nyussi Elected Frelimo Candidate”. AllAfrica(英語). (2014年3月2日). http://allafrica.com/stories/201403030022.html 2015年7月3日閲覧。 
  6. ^ “Backgrounder: Mozambique's three presidential candidates”. 新華社(英語). (2014年10月15日). http://news.xinhuanet.com/english/africa/2014-10/15/c_133719357.htm 2015年7月3日閲覧。 
  7. ^ a b “Filipe Nyusi: Mozambique's 'worker bee' tipped for presidency”. The Sowetan(英語). (2014年10月15日). http://www.sowetanlive.co.za/news/2014/10/15/filipe-nyusi-mozambique-s-worker-bee-tipped-for-presidency 2015年7月3日閲覧。 
  8. ^ “Mozambique Presidential candidate profiles”. 南アフリカ放送協会(英語). (2014年9月29日). http://www.sabc.co.za/news/f1/258e268045a6b773a0f1a390ca3f4715/Mozambique-Presidential-candidate-profiles-20140929 2015年7月3日閲覧。 
  9. ^ a b “Filipe Nyussi”. The Indian Ocean Newsletter英語版. (2008年3月29日) 
  10. ^ “Filipe Nhussi toma hoje posse como Ministro da Defesa”. Imensis(ポルトガル語). (2008年3月26日). http://www.imensis.co.mz/news/anmviewer.asp?a=12036 2015年7月3日閲覧。 
  11. ^ “Mozambique: New Ministers Sworn in”. AllAfrica(英語). (2008年3月27日). http://allafrica.com/stories/200803271044.html 2015年7月3日閲覧。 
  12. ^ “Mozambique: Guebuza Sacks Defence Minister”. AllAfrica(英語). (2008年3月26日). http://allafrica.com/stories/200803260897.html 2015年7月3日閲覧。 
  13. ^ Mucari, Manuel (2014年3月2日). “Mozambique's Frelimo selects Guebuza loyalist as presidential candidate”. ロイター(英語). http://www.reuters.com/article/2014/03/02/us-mozambique-candidate-idUSBREA2107A20140302 2015年7月3日閲覧。 
  14. ^ “日・モザンビーク首脳会談等”. 首相官邸. (2017年3月15日). https://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201703/15mozambique.html 2017年3月29日閲覧。 
  15. ^ “Mozambique President Starts Last Term in Office”. AllAfrica.com. (2020年1月15日). https://allafrica.com/stories/202001170690.html 2020年1月19日閲覧。 
  16. ^ “Nyusi exonera membros do Governo que vão tomar posse como deputados do Parlamento, mas devem renunciar” (ポルトガル語). A Verdade. (2020年1月9日). http://www.verdade.co.mz/nacional/69715-nyusi-exonera-membros-do-governo-que-vao-tomar-posse-como-deputados-do-parlamento 2020年1月19日閲覧。 
  17. ^ “Moçambique: novo governo tomou posse”. ラジオ・フランス・アンテルナショナル. (2020年1月18日). http://www.rfi.fr/pt/mo%C3%A7ambique/20200118-mo%C3%A7ambique-novo-governo-tomou-posse 2020年1月19日閲覧。 
  18. ^ Johnson, Phyllis (2014年3月6日). “Mozambique Defence Minister Filipe Nyussi is Frelimo candidate for president”. The Herald(ジンバブエ)(英語). http://www.herald.co.zw/mozambique-defence-minister-filipe-nyussi-is-frelimo-candidate-for-president/ 2015年7月3日閲覧。 
  19. ^ “Mozambique general elections photo preview”. epa.eu(英語). (2014年10月15日). http://www.epa.eu/politics-photos/election-elections-photos/mozambique-general-elections-photos-51618647 2015年7月3日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
アルマンド・ゲブーザ
モザンビークの旗 モザンビーク大統領
第4代:2015 -
次代:
現職