小里泰弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗衆議院議員 小里 泰弘
生年月日 (1958-09-29) 1958年9月29日(58歳)
出身地 日本の旗鹿児島県姶良郡霧島町(現:霧島市
出身校 慶應義塾大学法学部
学位・資格 法学士
前職 衆議院議員小里貞利秘書
所属委員会 農林水産委員会(委員長)
世襲 2世
(父・小里貞利)
選出選挙区 鹿児島4区
当選回数 4回
所属党派 自由民主党谷垣グループ
党役職 自民党農林部会部会長
会館部屋番号 衆議院第1議員会館811号室
テンプレートを表示

小里 泰弘(おざと やすひろ、1958年9月29日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(4期)。自民党農林部会長。衆議院農林水産委員長

自民党国会対策副委員長衆議院農林水産委員会野党筆頭理事、自民党副幹事長、シャドウ・キャビネット農林水産副大臣、シャドウ・キャビネット国土交通副大臣環境副大臣内閣府副大臣、自民党大震災緊急対策プロジェクトチーム座長を歴任[1]

父は総務庁長官労働大臣北海道開発庁長官沖縄開発庁長官を歴任した小里貞利

来歴[編集]

鹿児島県姶良郡霧島町(現:霧島市)生まれ。鹿児島県立鶴丸高等学校慶應義塾大学法学部を卒業し、野村証券に入社[1]

1990年に父の労働大臣就任に伴い大臣秘書官に就任。2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙では父の引退に伴い、鹿児島4区から自由民主党公認で出馬。直前に社会民主党を離党し、民主党公認で出馬した元職の濱田健一を破り、初当選した。当選後は、2005年初当選組で構成される83会及び谷垣派に所属[要出典]2006年自由民主党総裁選挙では、谷垣禎一の推薦人に名を連ねる[要出典]

2006年7月北薩地域で豪雨災害が発生。地元、川内川治水事業に奔走し、総額1000億年の大治水事業の実現にこぎつけた[2][リンク切れ]

2009年第45回衆議院議員総選挙では、鹿児島4区で民主党公認の皆吉稲生の猛追を受けるが、2,711票差で逃げ切り、再選(皆吉も比例復活)。なお、この選挙では2005年の総選挙に自民党公認で初当選した議員の大半が落選した(83人のうち77人が出馬し、当選者は10人、小選挙区当選者は赤沢亮正稲田朋美、小里の3人のみ)[3]

総選挙後、自民党内に設置された政権力委員会(ネクスト・ジャパン)の農林水産副担当に就任。2010年10月、政権力委員会の廃止に伴い設置された影の内閣自由民主党シャドウ・キャビネット)でも引き続き影の農林水産副大臣(農林部門)に就任した[要出典][4]

2011年3月11日に発生した東日本大震災では、自民党に設置された東日本巨大地震・津波災害法整備等緊急対策プロジェクトチームの座長に就任。緊急対策の立案にあたり避難所対策から復旧対策まで、577項目の対策案を取りまとめ政府に提言。更にがれき処理特別措置法をはじめ、多くの震災関連法案も手掛けた[5]

2012年10月に宏池会を脱退し、前自由民主党総裁の谷垣禎一による勉強会「有隣会」に参加した。同年12月第46回衆議院議員総選挙では、鹿児島4区から出馬し、3選。

第2次安倍内閣発足後、自民党農林部会部会長に就任[6]TPP対応の決議案を作成し、更に農業農村所得倍増目標10ヵ年戦略を取りまとめ、今後10年間の農政指針を示した。

2013年9月農林水産大臣政務官に就任。

2014年9月3日第2次安倍改造内閣環境副大臣内閣府副大臣に就任。同年12月第47回衆議院議員総選挙では、鹿児島4区から出馬し、4選。

2016年1月、衆議院農林水産委員長に就任。

政治資金問題[編集]

脱税企業からの献金[編集]

小里の関連政治団体脱税罰金判決を受けた鹿児島市の企業からパーティー券購入による資金提供を受けていたことが判明した[7]。この会社は08年7月から10年6月にわたり、材料費や外注費を元経理部長が水増しし、法人税を免れたとして、鹿児島地裁で2013年4月に罰金3千万円などの判決を受け、その後確定している[7][8]

指名停止業者からの献金[編集]

2014年に、小里が代表を務める政党支部が、談合で指名停止措置を受けた業者から48千円の献金を受け取っていた[9]

政策[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入について、2016年の西日本新聞によるアンケートで、「結婚したら全員が夫婦同姓にすべき」としている[10]。一方、2014年の朝日新聞によるアンケートでは、「どちらとも言えない」としていた[11]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 小里泰弘公式WEBサイト プロフィール
  2. ^ 小里泰弘ブログ 川内川激特事業竣工式
  3. ^ 小泉チルドレン激減 大逆風、再選は10人のみ 東京新聞
  4. ^ 自由民主党シャドウ・キャビネットでは影の農林水産大臣が2名、副大臣が4名置かれ、それぞれ大臣1名、副大臣2名が農林部門、水産部門を担当する[要出典]
  5. ^ 自民党はこう考える 小里泰弘党東日本巨大地震・津波災害法整備等緊急対策プロジェクトチーム座長
  6. ^ 小里泰弘ブログ 自民党農林部会長に就任
  7. ^ a b 「有村女性活躍相の関連団体、脱税企業から寄付」日本経済新聞、2014年10月27日
  8. ^ 「脱税企業から献金やパー券 有村担当相と小里氏団体」中日新聞 2014年10月28日
  9. ^ 「農相以外の5議員も献金受領」、ロイター、2015年12月1日
  10. ^ 「<憲法特集>九州・沖縄の国会議員アンケート(3)主なテーマ」、西日本新聞、2016年4月30日。
  11. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  12. ^ a b c d 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  13. ^ 「安倍政権中枢に カジノ議連メンバーずらり」、しんぶん赤旗 2014年9月9日

外部リンク[編集]

議会
先代:
江藤拓
日本の旗 衆議院農林水産委員長
2016年
次代:
北村茂男
公職
先代:
井上信治
北川知克
日本の旗 環境副大臣
北村茂男と共同

2014年 - 2015年
次代:
平口洋
井上信治
先代:
稲津久
長島忠美
日本の旗 農林水産大臣政務官
横山信一と共同

2013年 - 2014年
次代:
佐藤英道
加藤寛治