湊徹郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

湊 徹郎(みなと てつろう、1919年11月24日 - 1977年7月19日)は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(5期)。中曽根派。位階は従三位。勲等は勲二等。議員宿舎は、九段宿舎。

略歴[編集]

福島県田村郡三春町生まれ。水戸高等学校を経て、1942年、東京帝国大学経済学部卒業。大学卒業後、出征し、陸軍少尉。1945年8月に、復員した。

1946年に、福島県庁勤務。1961年、佐藤善一郎福島県知事のもとで、副知事を務める。

1963年の第30回衆議院議員総選挙福島2区から初当選。以後5期連続当選。1970年、第3次佐藤内閣総理府総務副長官就任。1973年、青嵐会の代表世話人として旗揚げに参加。1976年、衆議院農林水産委員長。自由民主党福島県連会長。1977年1月、鈴木善幸農林大臣に請われて、自由民主党総合農政調査会長就任。

1977年7月19日、衆議院議員在任中に死去。享年57。翌日、福田赳夫首相が弔問。

著書[編集]

  • 『湊徹郎先生を偲ぶ』(湊徹郎連合後援会、1987年)

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』(衆議院、1990年)


議会
先代:
澁谷直藏
日本の旗 衆議院農林水産委員長
1976年
次代:
金子岩三