大原亨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大原 亨(おおはら とおる、 1915年7月25日 - 1990年4月7日)は、日本政治家日本社会党衆議院議員(11期)。

経歴[編集]

広島県豊田郡本郷町出身。1942年中央大学法学部卒。卒業後は読売新聞社に勤務する。戦後、小学校教員になり、広島県教職員組合委員長や日教組書記次長などを歴任。1952年第25回衆議院議員総選挙広島1区で左派社会党より立候補し落選、1955年第27回衆議院議員総選挙でも落選した。1958年第28回衆議院議員総選挙において日本社会党公認で立候補して当選。以後連続当選11回を数えた。 1990年第39回衆議院議員総選挙に立候補せず、政界引退。引退直後の同年4月7日に死去した。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』衆議院、1990年。
  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。