日野市朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日野 市朗(ひの いちろう、1934年2月17日 - 2003年7月6日)は、日本弁護士政治家郵政大臣第61代)、衆議院農林水産委員長衆議院議員(8期)、社会民主党副党首、日本社会党政策審議会長(第14代)等を歴任した。

衆議院議員日本社会党副委員長を務めた日野吉夫は父。

概要[編集]

宮城県桃生郡河北町(現石巻市)生まれ。1956年中央大学法学部法律学科。同大学院修了。1961年司法試験に合格し、司法修習第16期を修了(同期に佐々木秀典)。1964年宮城県仙台市弁護士事務所を開業。1973年には仙台弁護士会副会長に就任した。

父・吉夫の引退に伴い、成田知巳日本社会党委員長(当時)の勧めを受け、1976年第34回衆議院議員総選挙日本社会党公認で旧宮城県第2区から出馬し、初当選。1986年第38回衆議院議員総選挙(衆参同日選挙)では落選したが、1990年第39回衆議院議員総選挙で返り咲いた。通算当選8回。

1991年田邊誠委員長の下に設置された社会党シャドーキャビネットで影の農林水産大臣に就任。翌1992年から影の環境庁長官科学技術庁長官1993年山花貞夫委員長の下で日本社会党政策審議会長に起用された。1995年衆議院農林水産委員長に就任。1996年自社さ連立政権第1次橋本内閣郵政大臣に任命され、初入閣。同年、社会党の社会民主党への移行に伴い同党副党首に就任するも、社民党を離党し旧民主党の結党に参加した。同年の第41回衆議院議員総選挙では、比例東北ブロック単独で出馬し、7選。日野の地盤である石巻市は、小選挙区比例代表並立制の導入に伴い宮城県第5区に含まれていたが、5区には既に新党さきがけ出身の安住淳がいたため、日野は比例単独に回った。当初はコスタリカ方式により安住、日野がそれぞれ選挙区・比例区から交互に出馬する予定であったが、日野の後援会の高齢化等により、2000年第42回衆議院議員総選挙でも安住が宮城5区から出馬し、日野は比例単独で8回目の当選を果たした。

2003年7月6日、のため衆議院議員在職のまま死去。69歳。

農民運動出身である父の日野吉夫同様、農村の生活向上を目標に掲げ、月に1度は鳴子町(現大崎市)の「農民の家」(専門農協が運営する温泉保養施設)で無料法律相談会を実施していた。

関連書籍[編集]

  • 日野睦子『日々是選挙~代議士の家族はツライ!~』(著者の日野睦子は、日野吉夫の三女で日野市朗の妹にあたる)


議会
先代:
中西績介
日本の旗 衆議院農林水産委員長
1995年 - 1996年
次代:
鉢呂吉雄(代理)
公職
先代:
井上一成
日本の旗 郵政大臣
第61代:1996年
次代:
堀之内久男
党職
先代:
早川勝
日本社会党政策審議会長
第14代 : 1993年 - 1994年
次代:
関山信之