小山倉之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小山 倉之助(おやま くらのすけ、1884年明治17年)3月21日[1] - 1956年昭和31年)8月3日[2])は、日本の実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

宮城県本吉郡気仙沼本郷(後の気仙沼町[3]、現気仙沼市)で、小山長兵衛の二男として生まれる[4]1909年東京帝国大学法科大学政治学科を卒業[2][4]

その後、九州林業取締役、樺太合同産業取締役、日本セメント取締役、帝国地方行政学会取締役、日本エタニットパイプ取締役、(株) 行政学会印刷所社長などを務めた[2][3]

1928年2月、第16回衆議院議員総選挙で宮城県第二区から出馬して当選[2]。以後、第17回第19回第20回総選挙で当選[2]1942年4月の第21回総選挙では翼賛政治体制協議会の推薦を受けて当選した[2]。この間、商工大臣秘書官阿部内閣商工参与官小磯内閣農商政務次官内閣委員、内務省委員、商工省参与、翼賛政治会政調理事などを務めた[2][3]

戦後、公職追放となり[5]、追放解除後の1953年4月の第26回総選挙改進党所属で出馬して当選し衆議院議員を通算六期務め[2]、改進党中央常任委員に就任した[1]

著作[編集]

訳書
  • フランツ・ロイテル著『シヤハト伝』千倉書房、1938年。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』148頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』116頁。
  3. ^ a b c 『翼賛議員銘鑑』74頁。
  4. ^ a b 『人事興信録』第14版 上、コ75頁。
  5. ^ 公職追放の該当事項は「推薦議員」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年507頁。NDLJP:1276156 

参考文献[編集]

  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『翼賛議員銘鑑』議会新聞社、1943年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第14版 上、1943年。