菊池福治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
菊池 福治郎
きくち ふくじろう
生年月日 1925年5月18日
出生地 宮城県気仙沼市
没年月日 (2004-02-05) 2004年2月5日(満78歳没)
死没地 神奈川県逗子市
出身校 早稲田大学政治経済学部卒業
前職 議員秘書
所属政党 新自由クラブ→)
自由民主党

選挙区 宮城県第2区
在任期間 1976年昭和51年) - 1990年平成2年)

衆議院議員
選挙区 (宮城県第2区→)
宮城県第6区
在任期間 1993年(平成5年) - 1997年(平成9年)10月31日[1]
テンプレートを表示

菊池 福治郎(きくち ふくじろう、1925年5月18日 - 2004年2月5日)は、日本政治家。元衆議院議員(7期)。

来歴[編集]

宮城県気仙沼市生まれ。1950年昭和25年)に早稲田大学政経学部政治学科を卒業。その後、国会議員・保利茂の秘書を務めた。

1963年(昭和38年)、衆院選旧宮城2区に立候補するも、落選。その後も負けても負けても立候補を繰り返し、4回目の落選後は「登米郡の票の伸びが芳しくなかった」と、登米郡の街頭に1年365日毎日立って手を振り、人呼んで「人間地蔵」と評されるまでになった。

挑戦5回目の1976年(昭和51年)、新自由クラブの公認を得て初当選。その後、離党した同党幹事長・西岡武夫の後を追って離党、自由民主党に移籍し鈴木派に所属した。

議員就任後には、水産業界を背景とした水産族議員として知られるようになり、郷里の気仙沼市が強固な地盤となったことから、「気仙沼モンロー」と呼ばれた。また、サクマ製菓(東京)の支援も受けていた[要出典]

1990年平成2年)の総選挙で落選するが、1993年(平成5年)の総選挙でトップ当選で返り咲いた。小選挙区比例代表並立制が導入された1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙には、小選挙区宮城6区から立候補し当選するが、秘書である長男(修三)が連座制の対象となる公職選挙法違反(買収)を問われ、上告が棄却された1997年(平成9年)に議員辞職した。当選7回ながら、入閣の機会を得られないまま政界引退となった。

2004年(平成16年)、心不全により神奈川県逗子市池子の自宅で死去した。78歳没[2]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院会議録情報 第141回国会 本会議 第8号
  2. ^ 菊池福治郎氏死去 元衆院議員 『共同通信』配信、2004年2月4日
議会
先代:
吹田あきら
日本の旗 衆議院環境委員長
1988年 - 1989年
次代:
熊川次男
先代:
玉沢徳一郎
日本の旗 衆議院農林水産委員長
1987年 - 1988年
次代:
堀之内久男