御法川英文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
御法川 英文
みのりかわ ひでふみ
生年月日 (1936-04-03) 1936年4月3日
出生地 秋田県仙北郡田沢湖町(現・仙北市
没年月日 (2003-04-24) 2003年4月24日(満67歳没)
死没地 秋田県大曲市(現・大仙市
出身校 明治大学政治経済学部卒業
前職 秋田県議会議員
所属政党 自由民主党
親族 御法川信英長男

選挙区 旧秋田県第2区→)
比例東北ブロック
当選回数 4回
在任期間 1990年 - 2003年

選挙区 仙北郡選挙区
在任期間 1975年 - 1986年
テンプレートを表示

御法川 英文(みのりかわ ひでふみ、1936年4月3日 - 2003年4月24日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員を4期務めた。秋田県仙北郡田沢湖町(現・仙北市)出身。秋田県立大曲農業高等学校を経て明治大学政治経済学部卒業。衆議院議員・御法川信英は長男。

来歴・人物[編集]

自由民主党職員を経て、1975年仙北郡選挙区から秋田県議会議員に初当選。3期務めた後、衆議院議員選挙に立候補。2度目の立候補となる1990年第39回衆議院議員総選挙で初当選。1996年総選挙以降は、自民党の村岡兼造衆議院議員とコスタリカ方式比例区小選挙区から2回おきに交互に出馬することで合意し、中選挙区(旧秋田2区)時代2期、比例選出2期を含め連続4期当選。国土政務次官、自民党国会対策副委員長などを歴任した。

2003年の第43回衆議院議員総選挙には、小選挙区(秋田3区)から出馬する予定であったが、議員在職中の2003年4月24日に肝不全のため67歳で死去[1]。子の信英が地盤を継承した。また、御法川の死去により津島恭一繰り上げ当選した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 御法川英文氏が死去 自民党衆院議員 47news 2003年4月25日