浮島敏男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗元衆議院議員 浮島 敏男
生年月日 (1949-01-01) 1949年1月1日(68歳)
出身地 東京都品川区
出身校 駒澤大学高等学校卒業
前職 党職員
世襲
選出選挙区 比例南関東ブロック
当選回数 1回
所属党派 自由民主党
テンプレートを表示

浮島 敏男(うきしま としお、1949年1月1日 ‐ )は、日本政治家自由民主党所属の元衆議院議員(1期)。

経歴[編集]

  • 東京都品川区出身。
  • 品川区立旗の台小学校・品川区立荏原第5中学校卒業。
  • 中学卒業後駒澤大学高等学校に進学し、卒業。
  • 1969年 東京コカ・コーラボトリングに入社。
  • 1981年 転職。自由民主党神奈川県支部連合会に入会。自民党神奈川県連の事務職員となる。
  • 1986年 自民党神奈川県連事務局長に就任。自民党の全国最年少事務局長となり、党内で話題に。
  • 2005年9月 第44回衆議院議員総選挙比例南関東ブロックから自民党名簿順位第36位で立候補し初当選。
    • 南関東ブロック比例区の名簿に「数合わせ」のため氏名を登載したが、想定外の自民党大勝により当選。困惑していたところ、神奈川県連所属の首相・小泉純一郎から「辞退しないように」との命令をうけ、衆議院議員となる。以後、神奈川県連事務局長を退職し国会活動に専念する。
    • 同選挙で初当選した自民党の新人83人の新人議員によって構成された83会に所属。
    • 同期には、猪口邦子・杉村太蔵などの話題となった新人がいおり、杉村からはよく相談を受けた。
    • 派閥には属していない。当初は初当選した他の無派閥新人議員とともに「無派閥新人議員の会」(代表幹事:小野次郎、37人)に所属していた。
    • 国会議員となったが、元々神奈川県連の事務方のため、政党の事務・選挙に精通している。
  • 2006年9月 自由民主党総裁選挙に際し、麻生太郎を支持。
    • 「無派閥新人議員の会」において「安倍晋三候補支持の方向で会としてまとまった行動を取る」との方針を示した代表幹事の小野次郎らに対し、「この会は派閥ではない。そのような方針を立てることは会の趣旨と違うのではないか。各議員の考えを尊重すべきだ」と反発。同会を退会した。
    • 以後麻生派に近い立場を取り、麻生派の会合にも参加している。
    • 党神奈川県衆議院比例区第三支部支部長・党広報局次長に就任。
  • 2007年4月 統一地方選挙
    • 事務局長時代と同様に神奈川県内に張り付き、県連の運営や地元候補の支援に回った。
  • 2009年8月 第45回衆議院議員総選挙に比例南関東ブロックから自民党名簿順位第33位で立候補し落選。

役職[編集]

  • 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会委員
  • 決算行政監視委員会委員
  • 自由民主党国会対策委員会委員
  • 自由民主党本部広報本部広報局次長
  • 自由民主党神奈川県支部連合会参与

所属していた団体・議員連盟[編集]

人物[編集]

  • 愛称は「ウキさん」
  • 好きな食べ物はステーキ 肥満に悩んでいる。
  • 好きな女優は大原麗子吉永小百合
  • 読売ジャイアンツのファン。巨人・大鵬・卵焼き時代からの古参ファンで、特に好きな選手は長嶋茂雄
  • 義理人情に厚く、思いやりのある人間との評判。

著作[編集]

共著[編集]

親族[編集]

  • 母・妻子あり。
  • 中山賢二 - 東京都稲城市議会議員(自民党) 義兄