和嶋未希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
和嶋 未希
わじま みき
生年月日 (1972-05-30) 1972年5月30日(46歳)
出生地 山形県酒田市大宮
出身校 日本大学芸術学部放送学科
前職 衆議院議員
所属政党民主党→)
無所属
称号 学士
公式サイト ようこそわじまみきのオフィシャルサイトへ

選挙区 比例東北ブロック
当選回数 1回
在任期間 2009年8月 - 2012年10月9日

選挙区 旧・酒田市選挙区
当選回数 2回
在任期間 2003年4月 - 2009年
テンプレートを表示

和嶋 未希(わじま みき、1972年5月30日 - )は、日本政治家衆議院議員(1期)、山形県議会議員(2期)を務めた。

来歴・人物[編集]

山形県酒田市大宮生まれ[1]。生家は農家。酒田市立亀城小学校、酒田市立第三中学校、山形県立酒田東高等学校日本大学芸術学部放送学科卒業。酒田市立第三中学校在校時には生徒会長を務めた。1995年、地元・酒田市の企画制作会社に入社し、2002年まで勤務した。

2003年4月、山形県議会議員選挙の酒田市選挙区(現在の酒田市・飽海郡選挙区)から民主党公認で出馬し、初当選した。初当選時は山形県議会で唯一の女性議員であった。2007年の県議選で再選。2009年、山形県議を辞職。

同年8月30日第45回衆議院議員総選挙に、民主党から比例東北ブロック単独で出馬して当選。

2010年、民主党山形県連会長に就任[2]2012年7月、県連会長を退任し、会長代行に就任[3]。同年8月、次期衆議院議員総選挙において山形3区からの出馬が内定し、公認を受ける[4]2012年9月民主党代表選挙では、同じ山形県選出の鹿野道彦山形1区)の推薦人に名を連ねる[5]

同年9月26日、阿部寿一の辞職に伴う10月の酒田市長選挙に無所属で出馬する意向を表明し、民主党に離党届を提出[6]衆議院議長横路孝弘に議員辞職願を提出し、10月9日付で議員辞職が許可された[7][8]

同年10月28日の酒田市長選では、山形県知事吉村美栄子や、民主党を離党した参議院議員舟山康江の支援も受けたが、前副市長の本間正巳に敗れ、落選した(本間:28,553票、和嶋:24,981票)。投票率は59.32%[9]

2015年8月6月、本間の死去に伴う酒田市長選挙へ立候補したが、前副市長の丸山至に敗れ落選[10][11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プロフィール | わじま みき
  2. ^ 民主党山形県総支部連合会長に就任しました
  3. ^ “鹿野氏が民主県連会長に就任 次期衆参両院選と知事選の勝利を目指す”. 山形新聞. (2012年7月10日). http://yamagata-np.jp/news/201207/10/kj_2012071000248.php 2012年9月20日閲覧。 
  4. ^ “選挙:衆院選・山形3区 民主党、和嶋氏の公認内定 /山形”. 毎日新聞・地方版. (2012年8月22日). http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20120822ddlk06010054000c.html 2012年9月20日閲覧。 
  5. ^ “民主党代表選:鹿野氏支持の和嶋氏 近藤氏は野田氏支持−−県内選出議員 /山形”. 毎日新聞. (2012年9月11日). オリジナル2012年10月23日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121023131804/http://mainichi.jp/area/yamagata/news/20120911ddlk06010005000c.html 2012年9月23日閲覧。 
  6. ^ “和嶋氏が立候補表明 酒田市長選”. 朝日新聞. (2012年9月27日). http://mytown.asahi.com/yamagata/news.php?k_id=06000001209270001 2012年10月6日閲覧。 
  7. ^ “日本維新の会:新会派の結成を衆院事務局に届け出”. 毎日新聞. (2012年10月9日). オリジナル2012年10月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121011030810/http://mainichi.jp/select/news/20121010k0000m010050000c.html 2012年10月9日閲覧。 
  8. ^ 和嶋の辞職により、次点であった名簿登載順位26位の川口民一は民主党を除籍され名簿から抹消されているため、27位の渡部一夫繰り上げ当選した。 http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/data/kuriagehoju/kuriagehoju_1.html 総務省 衆議院議員選挙にかかる繰上補充
  9. ^ “新人本間氏が初当選=元民主議員の和嶋氏破る―山形県酒田市長選”. 時事通信. (2012年10月28日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201210/2012102800256&g=pol 2012年10月29日閲覧。 
  10. ^ “「攻めの酒田」掲げる”. 朝日新聞. (2015年8月7日). http://www.asahi.com/articles/CMTW1508070600001.html 2015年8月20日閲覧。 
  11. ^ “酒田市長に丸山氏が初当選 4998票差、和嶋氏下す”. 山形新聞. (2015年9月7日). http://yamagata-np.jp/news/201509/07/kj_2015090700136.php?keyword=%E9%85%92%E7%94%B0%E5%B8%82%E9%95%B7 2015年9月8日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

党職
先代:
近藤洋介
民主党山形県連会長
 2010年-2012年
次代:
鹿野道彦