伊藤惇夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 惇夫(いとう あつお、1948年8月28日 - )は、日本政治評論家(政治アナリスト)。神奈川県葉山町出身。

人物[編集]

学習院大学法学部卒業後、出版社へ就職した後、1973年、時の総理総裁田中角栄に誘われ自由民主党本部事務局に勤務。自民党では広報を担当し、1989年からは自民党政治改革事務局主査補として政治改革大綱を取りまとめる。その後、自民党を退職し、1994年末から新進党総務局、1996年12月から太陽党1998年1月に民政党、4月から民主党の事務局に勤務。太陽党以後は、いずれも事務局長を務めた。

新党の結成に次々と立ち会ったことから「新党請負人」の異名を持つ。2001年12月に民主党を退職し、政治アナリストとして独立。執筆業の他、ニュース番組ワイドショーなどでコメンテーターとして活動。現在、学習院大学明治学院大学日本大学法学部並びに大東文化大学講師を務める。

著書[編集]

  • 『政党崩壊』
  • 『永田町権力者たちの情報戦争』
  • 『永田町「悪魔の辞典」』
  • 『政治の数字』
  • 『永田町の回転ずしはなぜ二度回らないのか』
  • 『民主党 ~野望と野合のメカニズム~』新潮新書290 ISBN 978-4-10-610290-5
  • 『国家漂流 -そしてリーダーは消えた-』中央公論社(2012年10月10日発行)

 その他

出演番組[編集]

脚注[編集]