畠山健治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

畠山 健治郎(はたけやま けんじろう、1933年昭和8年)11月17日[1] - )は、昭和から平成期の地方公務員政治家衆議院議員(2期)、大館市長を務めた。

経歴[編集]

秋田県北秋田郡森吉町出身[1]1954年(昭和29年)農業講習所農業科を卒業[1]。同年、秋田県庁に入庁[1]1962年(昭和37年)大館地方労事務局長。1965年(昭和40年)県北生活協同組合理事。1976年(昭和51年)県職労中央執行委員長[1]1979年(昭和54年)大館市長に初当選[1]。以降3期務めた[1]

1993年(平成5年)日本社会党公認で第40回衆議院議員総選挙旧秋田1区から初当選[2]1996年(平成8年)の第41回総選挙では社会民主党公認で秋田2区から立候補[3]。小選挙区では敗れたが[3]比例東北ブロックで復活し再選[4]2000年(平成12年)の第42回総選挙では秋田2区から再び立候補したが、比例復活もならず落選[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』
  2. ^ 『国政選挙総覧:1947-2016』39頁。
  3. ^ a b 『国政選挙総覧:1947-2016』40頁。
  4. ^ 『国政選挙総覧:1947-2016』54頁。
  5. ^ 『国政選挙総覧:1947-2016』40、55頁。

参考文献[編集]

  • 『新訂 現代政治家人名事典 : 中央・地方の政治家4000人』日外アソシエーツ、2005年。
  • 『国政選挙総覧:1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。


公職
先代
石川芳男
大館市旗秋田県大館市長
1979年 - 1991年
次代
小畑元