竹内譲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
竹内 譲
たけうち ゆずる
生年月日 (1958-06-25) 1958年6月25日(60歳)
出生地 日本の旗 京都府京都市
出身校 京都大学法学部
前職 三和銀行(現三菱UFJ銀行)従業員
所属政党公明党→ )
(公明新党→)
新進党→)
(公明→)
公明党
公式サイト 竹内総合研究所

選挙区旧京都1区→)
比例近畿ブロック
当選回数 5回
在任期間 1993年7月18日 - 1996年9月27日
2009年8月30日 - 現職

選挙区 上京区
当選回数 2回
在任期間 1999年 - 2005年
テンプレートを表示

竹内 譲(たけうち ゆずる、1958年6月25日 - )は、日本政治家公明党所属の衆議院議員(5期)。

京都市議会議員(2期)、公明党拉致問題対策委員長、財務大臣政務官第2次安倍内閣)、厚生労働副大臣第3次安倍第1次改造内閣)等を務めた。

来歴[編集]

京都府京都市生まれ。洛星中学校・高等学校卒業後、京都大学法学部に入学。4年次に日本興業銀行(現みずほ銀行)の内定を得たが、1年留年[1]。翌年、国家公務員採用第1種試験にも合格したが、三和銀行(現三菱UFJ銀行)に入行した。

1993年第40回衆議院議員総選挙公明党公認で旧京都1区(定数5)から出馬し、得票数4位で初当選した。1994年、公明党の解党に伴い公明新党を経て新進党に合流。1996年第41回衆議院議員総選挙には京都1区から新進党公認で出馬するが、自由民主党伊吹文明日本共産党穀田恵二の後塵を拝し、次々点で落選した。1997年第18回参議院議員通常選挙では、京都府選挙区から無所属野党系統一候補)で出馬した福山哲郎を支援(福山は当選後、民主党に入党)。

1999年、京都市議会議員選挙に上京区選挙区から立候補し、当選した(国会議員経験者が市議会議員に転身した例は、他に熊代昭彦岡山市議会議員)がいる)。2003年に再選。

2005年、京都市議を辞職して第44回衆議院議員総選挙に公明党から比例近畿ブロック単独で出馬するが、次点で落選した。2009年第45回衆議院議員総選挙に再び公明党から比例近畿ブロック単独で出馬し、当選。約13年ぶりに国政復帰を果たした。2012年第46回衆議院議員総選挙に公明党から比例近畿ブロック単独で出馬し、3選。選挙後に発足した第2次安倍内閣財務大臣政務官に任命された。

2014年第47回衆議院議員総選挙に公明党から比例近畿ブロック単独で出馬し、4選。2015年10月、第3次安倍第1次改造内閣厚生労働副大臣に任命された。

2016年9月、衆議院総務委員長に就任した[2]2017年第48回衆議院議員総選挙に公明党から比例近畿ブロック単独1位で出馬し、5選[3]

政策・主張[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]