谷口善太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

谷口 善太郎(たにぐち ぜんたろう、1899年10月15日 - 1974年6月8日)は日本の小説家政治家である。衆議院議員(6期)。小説家としては、ペンネームの須井一(すい はじめ)・加賀耿二(かが こうじ)で知られることも多い[1]。愛称は「谷善(たにぜん)」。

経歴[編集]

石川県能美郡国造村和気(現在の石川県能美市和気町)出身。和気高等小学校卒業後、村の読書サークルに参加、谷口夢草の名前で短歌をつくる。その後京都に出て清水焼の労働をしながら労働運動に従事する。1928年の三・一五事件で検挙され、外出や執筆をしないという条件で仮釈放された。

しかし、1931年、東京から訪れた貴司山治のすすめにより、『須井一』のペンネームで執筆した「綿」が評判になる。その後、「幼き合唱」「清水焼風景」などの作品を書き、プロレタリア文学の新進作家として注目された。ところが、プロレタリア文学関係の紙誌に執筆する段階ではペンネームの使用だけですんだのだが、『中央公論』や『改造』などの総合雑誌に作品を発表するにあたっては、本名を編集側に明らかにしなければならなかったので、友人に身代わりの『須井一』になってもらうことにした。だが、検挙されたその友人が、実際の執筆者と誤認され、小説を書かないと当局に約束したために、ペンネームを『加賀耿二』に変更する。

また、この時期には、磯村秀次のペンネームで、『日本労働組合評議会史』を執筆、1932年に刊行した。この本は、1920年代の日本の労働運動の証言として評価され、戦後青木文庫(1952年)、新日本出版社から再刊された。

戦後は政治運動に参加し、1949年の第24回衆議院議員総選挙に、日本共産党公認で京都府第1区から出馬して当選を果たす。次の選挙では落選したが、1960年の第29回衆議院議員総選挙で返り咲いてからは1972年まで5回連続当選を果たし、京都における共産党の中心的な存在として活躍した。1974年、在職中に死去した。

著書[編集]

  • 日本労働組合評議会史 第1分冊 磯村秀次 京都共生閣、1932 
  • 清水焼風景 / 須井一 改造社 1932
  • 源三 / 須井一 改造社 1933
  • 人絹工場 / 須井一 真理の友社 1933 
  • 加賀耿二創作集 第1 文学案内社 1936
  • 工場へ / 加賀耿二 東亜公論社 1940 
  • 綿 / 加賀耿二 三一書房 1946 
  • 日本労働組合評議会史 下 / 谷口善太郎 高桐書店 1948
  • 谷口善太郎小説選 新日本出版社 1963
  • つりのできぬ釣師 随筆と小品 谷口善太郎 新日本出版社 1972
  • 綿 谷口善太郎小説選 新日本出版社 1972
  • 綿・幼き合唱 / 谷口善太郎 新日本文庫 1975

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 講談社の『日本近代文学大事典』では加賀が見出し項目となっている