加地和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加地 和(かじ やまと、1936年9月16日 - 2008年9月14日)は、日本政治家衆議院議員)、弁護士税理士京都府出身。自由民主党所属の京都市議会議員加地浩は二男。妻の勝子は元京都府議会議員(綾部市選挙区)・綾部市議会議員の長岡巻太郎の二女。父の加地弥一は元京都市会議員(上京区[1] 選出)。

来歴[編集]

エピソード[編集]

  • 1976年の衆院選に新自由クラブ公認で出馬表明した直後、京都に街頭演説に訪れた河野洋平代表が暴漢に襲われる事件が起きた。この時、河野の隣に立っていた加地はとっさに暴漢を剣道三段の腕前で取り押さえ、河野を暴漢から守った。このことで「時の人・河野洋平を体を張って守った熱血漢」として加地の評判と知名度が高まり、折からの新自由クラブブームもあいまって当選した。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当時は北区は存在しなかった。

外部リンク[編集]