北川れん子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

北川 れん子(きたがわ れんこ、1954年3月6日 - )は、日本の政治家。大阪府出身。社会民主党所属。

農薬を使わない八百屋を運営した。

1993年に尼崎市の議会議員を務め、第42回衆議院議員総選挙兵庫県第8区から出馬し比例代表で復活当選し、1期を務める。

政策[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛成する。この制度の未導入故、自身も事実婚である。2000年には、北川ら超党派女性国会議員50名が、夫婦別姓選択制を求めて当時の森総理に申し入れを行った。申し入れでは、「とくに若い世代では、夫婦別姓選択制を望む声が高まっています。政府には、世論を喚起するなど、夫婦別姓選択制を導入するための努力を望む」としている[1]

脚注[編集]

  1. ^ 夫婦別姓選択性導入などを盛りこんだ民法改正案推進を求める申し入れ 2000年9月29日