矢野隆司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
矢野 隆司
生年月日 (1960-08-29) 1960年8月29日(57歳)
出生地 日本の旗大阪府大阪市
出身校 関西学院大学法学部
前職 神戸新聞記者
会社役員
所属政党 自由民主党二階グループ
称号 学士

選挙区 比例近畿ブロック
当選回数 1回
テンプレートを表示

矢野 隆司(やの たかし、1960年8月29日 - )は、日本政治家自由民主党所属の元衆議院議員(1期)。

大阪府大阪市生まれ。本籍は福井県国際安全保障学会、日本近代文学会各会員。座右の銘は「一管の筆も懦夫を立たしめ、三寸の舌も人の魂を刺すことは可能だ」。

略歴[編集]

関西学院大学法学部在学中に自主映画サークル「いちせ会」に参加。『ウルトラQ 29 闇が来る』などに出演した。1983年卒業、神戸新聞社に入社。約5年の記者活動を経て同社を退社し、民間企業に就職。その後、大阪府知事選挙で私設秘書等を経験のかたわら、「いちせ会」代表だった一瀬隆重が社長を務めるオズ取締役(映画『リング』、『らせん』、『呪怨』などの制作会社)。また月刊雑誌『Water&Life』の副編集長も兼務(その後、編集主幹に就任)。1995年大成機工代表取締役専務、2003年同社取締役を退任し、副会長、吹田市総合計画審議会委員に就任。

2005年8月下旬、自民党本部から衆議院議員選挙比例区での立候補を打診され、比例近畿ブロックの名簿43位で出馬。比例名簿は小選挙区との重複候補より下位で、今までこの順位で当選した候補はいなかったが、自民党の歴史的大勝により当選。政策秘書には国際安全保障学会理事の松村昌廣・桃山学院大学法学部教授があたった。在職中は法務委員会、決算行政委員会等に所属し、計24回、質疑に立った。党務においては専門分野を生かし、自民党水の安全保障に関する特命委員会幹事や党新聞局次長などを歴任、また国政報告誌に『コギト・エルゴ・スム』(不定期刊)があり、集英社インターナショナル社長・島地勝彦との対談を連載、最終号では歌手やしきたかじんとの鼎談を掲載した。

議員退職後は『中外日報』紙に評論連載など文筆活動を復活させ、2010年からは大阪キワニスクラブ事務局長も兼任。その後、関西経済連合会評議員などを経て2013年、国際キワニス日本地区副ガバナー、大阪キワニスクラブ会長に就任した。衆議院前議員会会員。

作家今東光の研究者としても知られ、岩手県浄法寺町が計画した「今東光・瀬戸内寂聴両師記念館」(仮称)世話人のほか、八尾市教育委員会主宰の「やお市民大学講座」や関西学院主催の「関西学院学院史月例研究会」などで講演。発表論文に「今東光 その生涯と関西学院」(『関西学院史紀要』第11号、2005年)、「今東光研究補遺」(『日本近代文学』、2006年)、「今東光 見えざるものへの畏敬」(『国文学 解釈と鑑賞』、2009年)などがあり、今東光夫人の逝去では『週刊新潮』(2008年10月9日号)にコメントを寄せた。またブルゴーニュ・ワインの騎士団(シュヴァリエ・ド・タストヴァン)、ボルドー葡萄酒大評議会(コマンドリー・ド・ボルドー)、シャンパーニュ騎士団、およびジュラード騎士団、ボンタン騎士団(いずれもボルドー)の各称号を持つ。