大谷喜久蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大谷 喜久蔵
おおたに きくぞう
Otani Kikuzo.jpg
1919年ごろ
生誕 1856年2月4日
Japanese Crest Himeji ken katabami.svg 越前国小浜藩敦賀郡
(現・福井県敦賀市
死没 (1923-11-26) 1923年11月26日(67歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1871 - 1920
最終階級 陸軍大将
墓所 青山霊園
テンプレートを表示

大谷 喜久蔵(おおたに きくぞう、1856年2月4日安政2年12月28日) - 1923年(大正12年)11月26日)は、日本の陸軍軍人華族

陸士旧2期

教育総監浦塩派遣軍司令官軍事参議官青島守備軍司令官等を歴任し、官位は陸軍大将従二位勲一等功一級男爵に至る。

経歴[編集]

小浜藩士で藩校「順造館」教授の漢学者、大谷正徳の七男として生まれる。明治4年(1871年)10月から召集を受け大阪鎮台彦根分営所に入営する。1875年(明治8年)12月から陸軍士官学校に入校し、同11年12月卒業する。翌年2月に陸軍歩兵少尉に任官される。士官生徒第2期の同期には第4師団大迫尚道大将、朝鮮駐剳軍司令官井口省吾大将や、第11師団長の伊地知幸介中将、第13師団長の長岡外史中将がいる。

1883年(明治16年)2月、歩兵中尉に進級し、1886年(明治19年)3月、仙台鎮台参謀を命ぜられる。同年5月に歩兵大尉に進級する。鎮台の師団改編を受けて1888年(明治21年)5月に第2師団参謀と改称。1892年(明治25年)1月、参謀本部第2局員に移り、同年11月、歩兵少佐に進級し、翌月、歩兵第8連隊大隊長に就任する。1893年(明治26年)10月から第6師団参謀に移り、1894年(明治27年)10月、大本営付を命ぜられ日清戦争に出征、1895年(明治28年)4月、中佐に進級する。1896年(明治29年)9月25日、第4師団参謀長に進み、1897年(明治30年)10月11日から大佐進級を以って近衛師団参謀長に就任する。翌年の3月3日、教育総監部本部部長に就き、1900年(明治33年)4月25日、教育総監部参謀、同年10月2日から陸軍戸山学校長を命ぜられる。

1902年(明治35年)6月21日、陸軍少将に進級し、歩兵第24旅団長に就任、1903年(明治36年)7月2日から再び陸軍戸山学校長となる。1904年(明治37年)2月5日、第12師団兵站監、同年3月11日、韓国駐剳軍兵站監、同4月18日、第2軍兵站監、同8月8日、歩兵第8旅団長、1905年(明治38年)4月8日の韓国駐剳軍参謀長と、部隊幹部を歴任した後1906年(明治39年)6月1日から再び陸軍戸山学校長に就任し、同校長を退任した1907年(明治40年)1月28日から教育総監部参謀長、1908年(明治41年)12月19日の名称変更を以って教育総監部本部長に変わり、1909年(明治42年)8月1日の陸軍中将進級の後、同年9月3日、第5師団長に親補される。1915年(大正4年)5月4日、青島守備軍司令官に就任し、同年11月7日、勲一等旭日大綬章を受章、1916年(大正5年)11月16日には陸軍大将に進級する。

1917年(大正6年)8月6日から軍事参議官、1918年(大正7年)8月9日、浦塩派遣軍司令官に就任する。1919年(大正8年)8月26日にはかつて本部長として務めた教育総監部の長たる教育総監に就任し、同時に軍事参議官を兼ねた。1920年(大正9年)11月1日、勲一等旭日桐花大綬章及び功一級金鵄勲章を受章し、同年12月28日を以って予備役編入となる。同日男爵の爵位を授爵し華族に列せられる。

1923年(大正12年)11月26日薨去。大正天皇より勅使差遣。なお没後、実兄の大谷直郎、実弟の山田信進らが合議の末、襲爵手続きを辞退した為、長男正夫は男爵に列せられることなく大谷男爵家は終わった。

年譜[編集]

栄典[編集]

外国勲章等佩用允許

親族[編集]

家紋は三つ追い沢瀉紋。

参照[編集]

  1. ^ 『官報』第4027号「叙任及辞令」1896年11月30日。
  2. ^ 『官報』第7941号「叙任及辞令」1909年12月11日。
  3. ^ 『官報』第3692号「叙任及辞令」1895年10月18日。
  4. ^ 『官報』第4302号「叙任及辞令」1897年11月1日。
  5. ^ 『官報』第6426号「敍任及辞令」1904年11月30日。
  6. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  7. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等瑞宝章受章者一覧(戦前の部)
  8. ^ 『官報』第126号「叙任及辞令」1912年12月29日。
  9. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  10. ^ 『福井県史』通史編5 近現代一 第五節 明治前期の教育・社会 二 近代教育のはじまり 分属時代の小学校

参考文献[編集]


軍職
先代:
原口兼済
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 第4師団参謀長
第5代:1896年9月25日 - 1897年10月11日
次代:
村田惇
先代:
松村務本
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 近衛師団参謀長
第4代:1897年10月11日 - 1898年3月3日
次代:
牟田敬九郎
先代:
なし
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 教育総監本部部長
初代:1898年3月3日 - 1900年4月25日
次代:
なし
(参謀長に改称)
先代:
依田広太郎
渡辺騏十郎
中村覚
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 陸軍戸山学校長
第13代:1900年10月3日 - 1902年6月21日
第15代:1903年7月2日 - 1904年2月5日
第17代:1906年6月1日 - 1907年1月28日
次代:
渡辺騏十郎
中村覚
山田忠三郎
先代:
東條英教
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 歩兵第8旅団
第8代?:1904年8月18日 - 1905年4月8日
次代:
石橋健蔵
先代:
落合豊三郎
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 韓国駐剳軍参謀長
第3代:1905年4月8日 - 1906年6月1日
次代:
牟田敬九郎
先代:
中村覚
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 教育総監参謀長
第6代:1907年1月28日 - 1908年12月19日
次代:
なし
(本部長に改称)
先代:
なし
(参謀長より改称)
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 教育総監本部長
初代:1909年9月3日 - 1913年5月7日
次代:
本郷房太郎
先代:
木越安綱
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 第5師団
第6代:1909年9月3日 - 1915年5月24日
次代:
小原伝
先代:
神尾光臣
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 青島守備軍司令官
第2代:1915年5月24日 - 1917年8月6日
次代:
本郷房太郎
先代:
なし
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 浦塩派遣軍司令官
初代:1918年8月9日 - 1919年8月26日
次代:
大井成元
先代:
一戸兵衛
War flag of the Imperial Japanese Army.svg 教育総監
第9代:1919年8月26日 - 1920年12月28日
次代:
秋山好古
日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
大谷(喜久蔵)家初代
1920年 - 1923年
次代:
襲爵辞退