田島一成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田島 一成
たじま いっせい
生年月日 (1962-06-15) 1962年6月15日(56歳)
出生地 日本の旗 滋賀県彦根市
出身校 中央大学商学部
同志社大学大学院総合政策科学研究科
前職 竹中工務店従業員
田島物産従業員
所属政党無所属→)
(県民ネットワーク→)
民主党→)
民進党細野派→旧細野G)→)
希望の党→)
(無所属→)
立憲民主党
公式サイト 田島一成 公式サイト

選挙区滋賀2区→)
比例近畿ブロック
当選回数 4回
在任期間 2003年11月10日 - 2012年11月16日
2014年12月14日 - 2017年9月28日

当選回数 1回
在任期間 1999年 - 2001年

当選回数 2回
在任期間 1991年 - 1999年
テンプレートを表示

田島 一成(たじま いっせい、1962年6月15日 - )は、日本政治家立憲民主党所属の元衆議院議員(4期)。

環境副大臣鳩山由紀夫内閣菅内閣)、滋賀県議会議員(1期)、彦根市議会議員(2期)等を務めた。

来歴[編集]

滋賀県彦根市生まれ[1][2]。彦根市立旭森小学校、彦根市立東中学校滋賀県立彦根東高等学校中央大学商学部会計学科卒業、同志社大学大学院総合政策科学研究科修士課程修了(修士論文は「日本社会におけるNPO(民間非営利組織)の現状と方向性―新たなセクターとしての役割と可能性の考察―」)[1]。大学卒業後、竹中工務店勤務を経て、生家が経営する田島物産に入社[3][2]。またアメリカ合衆国カールトン・カレッジに留学し、単位を取得した。

1991年4月、彦根市議会議員選挙に出馬し、当時最年少の28歳で初当選した[1]1995年の市議選でも再選され、2期8年務める。市議在職中は無所属で活動し、無会派議員団代表を務めた。1999年滋賀県議会議員選挙に出馬し、当選。県議在職中は会派「県民ネットワーク」に所属[1]

2001年彦根市を含む滋賀2区選出の小西哲衆議院議員自由民主党)の死去に伴う補欠選挙に、県議を辞職して出馬。滋賀2区は元々、新党さきがけから民主党に合流していた武村正義の地盤であったが、武村は2000年第42回衆議院議員総選挙で落選後、健康上の理由から政界引退を表明しており、補選にも一旦は出馬の意欲を示したものの、最終的に立候補を断念した[4]。補欠選挙には民主党公認で出馬したが、小西哲の弟である小西理に2万票超の差で敗れ、落選した。

2003年第43回衆議院議員総選挙に民主党公認で滋賀2区から再び出馬し、前回敗れた小西を約4600票差で破って当選した(小西も比例復活)。2005年第44回衆議院議員総選挙では自民党公認の藤井勇治郵政民営化法案の採決で反対票を投じたため自民党の公認を得られず無所属で出馬した小西理らを破り、再選(藤井は比例復活)。2009年第45回衆議院議員総選挙では、藤井に比例復活を許さぬ大差をつけ、3選。同年、鳩山由紀夫内閣環境副大臣に任命され、菅内閣まで務める。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、滋賀1区から国替えした自民党元職の上野賢一郎に2万票弱の差で敗れ、比例復活もならず落選した。2014年第47回衆議院議員総選挙では滋賀2区で再び上野に敗れたが、重複立候補していた比例近畿ブロックで復活して4選を果たし、2年ぶりに国政に復帰した。2015年1月の民主党代表選挙では、細野豪志の推薦人に名を連ねた[5]が、細野は決選投票で岡田克也に敗れた[6]2017年10月3日希望の党の公認申請について、第一次公認候補発表結果にて希望の党の候補として滋賀2区での公認されたことが発表されている[7]。投開票の結果、三度上野に敗れ、比例復活も出来ずに落選[8]2018年10月17日に立憲民主党に入党した[9]

主張・政策[編集]

  • 民主党生物多様性対策小委員会の座長を務め、生物多様性基本法案の作成に携わった[10]。同法案は2008年4月10日に衆議院に提出された後、自民・公明両党を交えた修正協議を経て、同年5月20日に衆議院環境委員会において全会一致で可決され、6月に公布・施行された。
  • 彦根市議時代から、彦根市内の史跡であるスミス祈念堂の保存活動に取り組んでおり、NPO法人スミス会議の監事を務めている[11]
  • 選択的夫婦別姓制度の導入に賛成[12]

人物[編集]

  • 家族は両親、妻、2男[1]
  • 喫煙者である。
  • 趣味は献血、家事全般、スキー、トライアスロン(アイアンマンジャパンインびわ湖では5回連続完走)、マラソン(盲人ランナーの伴走)、書道茶道(石州流大老派西郷社中)、カロム
  • 自宅で4匹の犬、1匹の猫を飼う愛犬(猫)家である[1]
  • 名前(一成)の由来は「一念為せば成る」[2]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f "衆議院議員 田島一成ホームページ プロフィール" 田島一成: 2005. 2008年10月31日閲覧.
  2. ^ a b c "2005衆議院 滋賀小選挙区" 京都新聞: 2005-9-7. 2008年10月31日閲覧.
  3. ^ "政治家情報 ~田島 一成~" JanJan: 2008年8月14日閲覧.
  4. ^ "3新人が激戦に突入" 滋賀報知新聞: 2001-10-17. 2008年10月31日閲覧.
  5. ^ “民主代表選候補の推薦人名簿”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年1月7日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010700415&g=pol 2015年1月18日閲覧。 
  6. ^ “<民主代表選>新代表に岡田氏 挙党態勢を重視”. 毎日新聞. (2015年1月18日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150118-00000030-mai-pol 2015年1月18日閲覧。 
  7. ^ 希望の党・第1次公認リスト(192人) 衆院選
  8. ^ 滋賀-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル
  9. ^ “立憲民主党:田島前衆院議員の入党承認 /滋賀”. 毎日新聞. (2018年10月19日). http://mainichi.jp/articles/20181019/ddl/k25/010/480000c 2018年10月19日閲覧。 
  10. ^ "生物多様性基本法案を衆議院に提出" 民主党: 2008-4-10. 2008年10月31日閲覧.
  11. ^ "NPO法人 スミス会議理事 田島一成さん" 株式会社ヤマプラ : 2004. 2008年10月31日閲覧.
  12. ^ mネット2009年7月24日アンケート
  13. ^ a b 九州市医報(平成29年7月)第720号 - オリンピックと屋内全面禁煙法・条例(その33)”. 北九州市医師会 (2017年7月1日). 2018年7月21日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
吉野正芳
日本の旗 環境副大臣
2009年 - 2010年
次代:
近藤昭一