郵政民営化法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
郵政民営化法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 特になし
法令番号 平成17年10月21日法律第97号
効力 現行法(一部改正)
種類 行政法
主な内容 日本郵政公社の民営化会社の設立と特例等
関連法令 郵便法、郵便切手類販売所に関する法律、日本郵政株式会社法、郵便事業株式会社法、郵便局株式会社法、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構法
条文リンク 総務省・法令データ提供システム
テンプレートを表示

郵政民営化法(ゆうせいみんえいかほう)は、日本の法律。

概要[編集]

郵政民営化に関する施策についての基本方針と民営化に伴って設立した日本郵政株式会社郵便事業株式会社郵便局株式会社、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構の、民営化移行期間中と民営化後の各会社の公社からの業務の承継や特例等に関して定めた法律である。第163回特別国会において成立、2006年4月1日施行。

この法律の第5条の規定により、日本郵政公社2007年10月1日に解散した。

2009年12月に郵政株売却凍結法により一部凍結、2012年4月に一部改正された。

その他[編集]

2002年に自由党小沢一郎の意向の元で郵政三事業をそれぞれに分離した上で、郵便貯金と簡易保険事業は12年後までに完全民営化する郵政事業改革基本法案を提出したことがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]