堀内詔子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
堀内 詔子
ほりうち のりこ
生年月日 (1965-10-28) 1965年10月28日(51歳)
出生地 山梨県笛吹市
出身校 学習院大学文学部
学習院大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得
前職 美術館館長
所属政党 自由民主党岸田派
配偶者 堀内光一郎富士急行社長)
公式サイト 堀内のり子 オフィシャルウェブサイト

日本の旗 衆議院議員
選挙区 比例南関東ブロック山梨2区
当選回数 2回
在任期間 2012年12月21日[1] - 現職
テンプレートを表示

堀内 詔子(ほりうち のりこ、1965年昭和40年)10月28日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(2期)、厚生労働大臣政務官第3次安倍第2次改造内閣)。配偶者は堀内光一郎富士急行社長)であり、前職も富士急グループの美術館館長を行っていた[要出典]

略歴[編集]

  • 1965年10月28日 誕生
  • 1984年3月 学習院女子高等科卒業
  • 1988年3月 学習院大学文学部卒業
  • 1988年3月 結婚
  • 1990年3月 学習院大学大学院人文科学研究 科博士前期課程修了 (文学修士)
  • 1993年3月 学習院大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得満期退学
  • 2006年4月 「フジヤマミュージアム」館長 (2016年(平成28年)8月5日辞任)
  • 2012年11月 自民党山梨県第二選挙区支部長 (現職)
  • 2012年12月 第46回衆議院選挙初当選
  • 2014年12月 第47回衆議院選挙当選(2期目)
  • 2016年8月 厚生労働大臣政務官

本人プロフィールより[2]

経歴[編集]

山梨県笛吹市石和町出身。学習院幼稚園・初等科・女子中・高等科を経て、1988年3月、学習院大学文学部卒業[3]。直後に小学校の先輩だった堀内光一郎と結婚[4]1990年、学習院大学大学院人文科学研究科博士前期課程を修了し、文学修士。1993年、同博士後期課程単位取得[3]

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙に、山梨2区から自由民主党公認で出馬。無所属で元自民党の長崎幸太郎に7,123票差で敗れたが、比例南関東ブロックで復活し初当選。

2014年12月の第47回衆議院議員総選挙に山梨2区で出馬。長崎に再び敗れるも、比例復活で再選。

2016年8月5日、第3次安倍第2次改造内閣で、厚生労働大臣政務官に就任[5]

エピソード[編集]

堀内のりこが政治家となった経緯は、義父である堀内光雄(元通産大臣)の落選、引退後、後継者がなかなか決まらず、業を煮やした女性幹部らが「もう男なんかに任せてはおけない」と、郵政選挙で獅子奮迅の活躍をした堀内詔子を口説いたことから始まった。その後、堀内のりこが地元・山梨県を駆け回って「のりこ会」という女性後援会をつくった行動力は、地元民を瞠目させて白羽の矢がたった。[6]

初当選から堀内のりこは衆議院厚生労働委員会に所属し、厚生労働大臣政務官となったが、義父である堀内光男が初めて大臣職に就いたのが労働大臣であり、公共職業安定所の通称を「ハローワーク」に決めたという縁がある。[7]

堀内の実家である富士急グループは、山中湖畔の県有地、約440ha(東京ドーム94個分)を山梨県との随意契約で1㎡当たり約74円借り受け、1㎡当たり平均1万円で顧客に転貸ている[8]。このような「デタラメが通るのは、堀内家の政治力があるからだ」(facta評)という批判があり、現在2期続けて比例復活している堀内については「山梨2区から堀内家の議席が消えたら、タダ同然で借りている別荘地がどうなるか」という議論が起きている[9]。2017年3月8日、山梨県議会の総務委員会で県財産管理課長は「所管課で法令に基づく手続きが取られ、外部有識者らの協議会に諮り貸付料を決定している」と説明し、「妥当」との見解を示した[10]。2017年3月27日、山梨県森林総合利用協議会では「(貸し付け契約の)更新が適当」との意見があった[11]。 同協議会で一部の委員より「貸付料が安いのではないか」との指摘があったところ、県担当者は「ガイドラインに基づき、不動産鑑定士に評価してもらっている」と答えた[12]


支援組織「ふれあいのり子会」(会長・白壁賢一県議)という草の根的な選挙活動を目的としたグループが発足した。[13]

堀内は、学芸員の資格をとるために根津公一が館長を務める根津美術館で実習を行った際、根津公一の思い切った決断を見たことがきっかけで、迷うときは「私も甲州人。いざという時は思い切って」と語っている。[14]

政策[編集]

家族・親族[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成24年(2012年)12月21日中央選挙管理会告示第37号(平成二十四年十二月十六日執行の衆議院比例代表選出議員の選挙における衆議院名簿届出政党等に係る得票数、当選人の数並びに当選人の住所及び氏名に関する件)
  2. ^ 公式サイトプロフィール http://genkihoriuchi.com/info/profile/
  3. ^ a b プロフィール-堀内のり子 オフィシャルウェブサイト
  4. ^ a b c d 父のため「あずさ通勤」:家族たちの長い夏(1)
  5. ^ 副大臣.20人交代 閣議決定
  6. ^ リベラルタイム3月号P44
  7. ^ 週刊社会保障
  8. ^ 朝日新聞 2007年8月14日
  9. ^ Facta https://facta.co.jp/article/201612034.html
  10. ^ 山梨日日新聞 2017年3月9日
  11. ^ 山梨県森林総合利用協議会 山梨県
  12. ^ 山梨日日新聞 2017年3月28日
  13. ^ 山梨日々新聞2月11日(土)
  14. ^ 日本経済新聞1月19日(木)
  15. ^ 毎日新聞2014年衆院選アンケート
  16. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  17. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

外部リンク[編集]

公職
先代:
三ッ林裕巳太田房江
日本の旗 厚生労働大臣政務官
馬場成志と共同

2016年 -
次代: