秋本真利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
秋本 真利
あきもと まさとし
Akimoto Masatoshi (2017).png
国土交通大臣政務官時
生年月日 (1975-08-10) 1975年8月10日(46歳)
出生地 日本の旗 日本 千葉県富里市
出身校 法政大学法学部
現職 衆議院議員
所属政党 自由民主党旧谷垣G菅G
公式サイト 衆議院議員 秋本まさとし

選挙区千葉9区→)
比例南関東ブロック
当選回数 4回
在任期間 2012年12月16日 - 現職

当選回数 2回
在任期間 2003年 - 2011年
テンプレートを表示

秋本 真利(あきもと まさとし、1975年8月10日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(4期)、国土交通大臣政務官第3次安倍第3次改造内閣第4次安倍内閣)。

経歴[編集]

千葉県富里市出身[1][2]成田高等学校を経て法政大学法学部卒業。富里市議会議員を2期8年務めた。

2012年平成24年)12月の第46回衆議院議員総選挙千葉9区自由民主党公認で出馬し、初当選。

2014年4月4日、トルコアラブ首長国連邦への原発輸出を可能にする原子力協定の承認案の採決の際、本会議を途中退席した[3]

2014年(平成26年)12月の第47回衆議院議員総選挙で再選[4]

2016年(平成28年)3月、自民党再生可能エネルギー普及拡大議員連盟事務局長に就任[5]

2017年(平成29年)8月に第3次安倍第3次改造内閣国土交通大臣政務官に就任[6]。同年の第48回衆議院議員総選挙で3選。

2021年10月31日、第49回衆議院議員総選挙で4度目で奥野総一郎に初めて敗れるも比例復活で再選[7][8]

政策・主張[編集]

憲法[編集]

  • 改正すべき項目として「自衛隊の保持を明記する」「集団的自衛権の保持を明記する」「環境権に関する条項を新設する」「緊急事態に関する条項を新設する」と主張[11]
  • 憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで「賛成」と回答[12]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2021年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[13]

外交・安全保障[編集]

  • 「他国からの攻撃が予想される場合には敵基地攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、2017年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[10]。2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[11]
  • 北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ」との問題提起に対し、2017年のアンケートで「賛成」と回答[10]。2021年のアンケートで「どちらかと言えば賛成」と回答[11]

ジェンダー[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2014年のアンケートでは「どちらかといえば反対」と回答[14]。2017年のアンケートでは回答しなかった[10]。2021年のアンケートでは「どちらとも言えない」と回答[11]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2017年の朝日新聞社のアンケートでも、2021年の朝日新聞社のアンケートでも、同年のNHKのアンケートでも回答しなかった[10][11][12]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで回答しなかった[11]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「どちらかといえば反対」と回答[12]

その他[編集]

  • 森友学園を巡る公文書改竄問題で、財務省が開示を拒んでいた「赤木ファイル」が2021年6月22日、大阪地裁の命令によって公開された[15]。国の対応をどう考えるかとの問いに対し、2021年の毎日新聞社のアンケートで「これ以上、調査や説明は必要ない」と回答[13]
  • 原子力発電への依存度について、2021年のアンケートで「ゼロにすべき」と回答[12]

人物[編集]

  • 2014年1月7日高速増殖炉もんじゅ視察のため福井県敦賀市を訪れた際、タクシーを予約しようとしたが、原発反対論者であることを理由として配車を断られた。タクシー会社側は謝罪したとしているが、秋本は不快感を示している。また、菅義偉官房長官も記者会見で、「正当な理由なく乗車拒否することは、法律で認められないことであって、まさに『言語道断』なことだろうと思う」と述べている[17]国土交通省中部運輸局も、問題のタクシー会社に対し再発防止策を取るよう求めている[18]
  • 2014年4月、トルコとUAEへの原子力発電所の輸出を可能にする原子力協定の承認案が衆議院本会議での採決の際、体調不良を理由に退席した[19]
  • 自民党には珍しい脱原発再生可能エネルギー推進派で河野太郎の側近。自民党行政改革推進本部では、2014年9月に本部長に就任した河野太郎の下で、原子力燃料を輸送する開栄丸の無駄を指摘し、事業の終了につなげた[20]
  • 2018年3月、ブラジルで行われた第8回「世界水フォーラム」に国土交通大臣政務官として出席し、閣僚級会議でスピーチをするとともに、皇太子徳仁親王が日本パビリオンに視察に訪れた際に案内を務めた[21]
  • 国土交通大臣政務官時代には、「海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律」の制定に関与し、洋上風力発電の導入拡大に尽力した[22]
  • 2020年自由民主党総裁選挙では、同じ法政大学出身の菅義偉を支持。その際、秋本は、「法政大学出身の総理大臣はおらず、大学の長い歴史の中で初の総理大臣に是非なってもらいたい」と述べ、これに対し菅から、「母校の名誉のためにも一生懸命頑張りたい」と応じられたと答えている[23]
  • 2020年9月、「今日は、レーズンバターサンド!」と記してバターサンドを笑顔で食べる菅義偉官房長官の様子を投稿したところ、これに河野太郎防衛大臣がツッコミを入れるなど、一連の流れが話題になった[24]
  • 2021年3月に水戸市内で予定されている「脱原発」講演を党茨城県連所属の県議が二階幹事長へ面会し、講演の辞退を促し、従わない場合は処分を検討するよう申し入れた。これに対し秋本は、「地元の切実な声はよく分かる。熟慮して対応したい」と話した[25]
  • 2021年10月、四街道市四街道駅前で行われた街頭演説会で、河野太郎議員が秋本のことを「私の大切な右腕でございます」と紹介した[26]

不祥事[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

著書[編集]

  • 自民党発! 「原発のない国へ」宣言 2050年カーボンニュートラル実現に向けて(2020年12月17日、東京新聞)ISBN 978-4808310455

脚注[編集]

  1. ^ 先憂後楽を座右の銘とする若き政治家
  2. ^ 自由民主党千葉県第九選挙区支部 政治資金収支報告書(平成29年分定期公表) (PDF)”. 千葉県選挙管理委員会 (2018年11月20日). 2019年10月31日閲覧。
  3. ^ “衆院本会議で原子力協定承認 菅元首相や石原共同代表ら欠席”. 産経新聞. (2014年4月4日). オリジナルの2014年4月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140404103131/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140404/plc14040414080015-n1.htm 2020年12月22日閲覧
  4. ^ 千葉 - 開票速報 - 2014衆院選:朝日新聞デジタル
  5. ^ 再生エネ議連 自民100人迫る 顧問に甘利元経産相” (日本語). genpatsu.tokyo-np.co.jp. 2020年9月9日閲覧。
  6. ^ 国交省、新たな副大臣と政務官が決定-内閣改造”. トラベルビジョン (2017年8月7日). 2017年8月8日閲覧。
  7. ^ 衆議院選挙2021 千葉(銚子・市川など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  8. ^ 【2021年 衆院選】南関東ブロック(比例区)開票速報”. 衆議院選挙(2021年総選挙)特設サイト. 朝日新聞社. 2021年11月18日閲覧。
  9. ^ 毎日新聞 2012年衆院選 アンケート
  10. ^ a b c d e f g h 秋本真利”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h 秋本真利”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  12. ^ a b c d 千葉9区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  13. ^ a b 自民 千葉9区 秋本真利”. 第49回衆院選. 毎日新聞社. 2022年6月7日閲覧。
  14. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  15. ^ 原田晋也、皆川剛 (2021年6月23日). “森友問題「赤木ファイル」黒塗りでも読み解けたこと、残った謎 安倍昭恵氏の削除は初日に指示”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/112153 2021年9月21日閲覧。 
  16. ^ 毎日新聞 2014年衆院選 アンケート
  17. ^ 脱原発派議員へのタクシー乗車拒否「言語道断」官房長官 (2014年1月15日)” (日本語). エキサイトニュース. 2019年10月31日閲覧。
  18. ^ 敦賀のタクシー会社:脱原発議員の配車拒否し謝罪 毎日新聞 2014年1月15日
  19. ^ 日本テレビ. “原子力協定承認案、衆院本会議で可決|日テレNEWS24” (日本語). 日テレNEWS24. 2020年9月9日閲覧。
  20. ^ ■【北海道新聞・開栄丸】(2019.6.5)北海道新聞「核燃政策の象徴、室蘭居座る」 - 室蘭住民のブログ” (日本語). 2020年9月5日閲覧。
  21. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2018年5月21日). “【水と共生(とも)に】「世界水フォーラム」SDGs達成へ行動促す” (日本語). SankeiBiz. 2020年9月9日閲覧。
  22. ^ “[https://news.tbs.co.jp/newsi_sp/frontline/20180309.html TBS NEWS�国会トークフロントライン]”. news.tbs.co.jp. 2020年9月5日閲覧。
  23. ^ 日本放送協会. “自民党総裁選 3人の陣営 支持拡大へ地方議員と会談や政策発表”. NHKニュース. 2020年9月5日閲覧。
  24. ^ 河野防衛相、菅官房長官がバターサンド堪能する姿にツッコミ 「いいね」約3万件と話題に(ENCOUNT)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年9月7日閲覧。
  25. ^ 宮尾幹成 (2021年3月13日). “秋本衆院議員 水戸の「脱原発」講演の辞退を 自民県議が二階幹事長に申し入れ”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/91324 
  26. ^ 衆院・千葉9区、与野党幹部が続々応援 「私の右腕」「大接戦に」(朝日新聞デジタル)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年10月12日閲覧。
  27. ^ 自民千葉9区マスク配布 秋本議員側、公選法抵触の恐れ 毎日新聞 2020年8月20日
  28. ^ a b 俵義文 『日本会議の全貌』 花伝社、2016年
  29. ^ プロフィール | 衆議院議員 秋本まさとし | 自由民主党 千葉県第9区” (日本語). 秋本まさとし公式HP. 2019年10月31日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
大野泰正
根本幸典
藤井比早之
日本の旗 国土交通大臣政務官
高橋克法
簗和生と共同

2017年 - 2018年
次代:
­ 工藤彰三
田中英之
阿達雅志