内山晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
内山 晃
うちやま あきら
Akira Uchiyama 20110420 2.jpg
2011年4月20日、総務大臣政務官として
全国都道府県統計主管課(部)長会議に出席
生年月日 (1954-03-03) 1954年3月3日(63歳)
出生地 千葉県柏市
出身校 専修大学商学部
前職 内山労務管理事務所所長
流山青年会議所理事長
所属政党 民主党→)
新党きづな→)
無所属→)
国民の生活が第一→)
日本未来の党→)
新党大地
称号 社会保険労務士
公式サイト 新党大地 内山あきら

在任期間 2011年12月28日 - 2012年11月15日

選挙区 (千葉7区→)
(比例南関東ブロック→)
千葉7区
当選回数 3回
在任期間 2003年11月10日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

内山 晃(うちやま あきら、1954年昭和29年)3月3日 - )は、日本政治家千葉県柏市出身。

衆議院議員(3期)、総務大臣政務官新党きづな代表を歴任した。

経歴[編集]

2011年4月20日、全国都道府県統計主管課(部)長会議に出席
2011年4月20日、特別行政相談所を視察

専修大学松戸高等学校専修大学商学部卒業。社会保険労務士

1987年内山労務管理事務所所長に就任。1991年流山青年会議所理事長に就任。1995年には年金ライフ社を設立した。

2000年6月25日第42回衆議院議員総選挙に出馬するも落選。2003年11月9日第43回衆議院議員総選挙では、自由民主党松本和巳を破り初当選した。2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙では、松本に小選挙区で敗れたが比例復活で再選。

2006年、松本が運動員の公職選挙法違反による連座制対象となった責任を取って辞職したことから4月に行われる千葉7区補欠選挙への出馬を検討した。しかし、同じ千葉県連に所属していた永田寿康が国会質疑で取り上げた堀江メール問題で民主党に対する風当たりが強く、当選は困難であると判断し、出馬を見送った。この選挙では千葉県議の太田和美が民主党の公認候補として当選。これに伴い、同じ選挙区を地盤とする民主党の議員が2人となった。

第45回衆議院議員総選挙における太田との公認調整問題について、民主党代表小沢一郎2007年12月に次回総選挙でも前回と同様に内山を7区から擁立し、太田を他の選挙区へ転出させる方針を表明。翌2008年に太田が福島2区へ「国替え」することで決着が図られた。2009年8月30日の第45回総選挙では小選挙区で当選し、3選。

2010年9月の菅第1次改造内閣総務大臣政務官に就任。翌年1月の第2次改造内閣でも留任した。

2011年6月の菅内閣不信任決議菅おろし)の採決では賛成する意向を示し総務大臣政務官の辞表を提出。採決直前の代議士会で菅が早期退陣を表明して党内で不信任に賛成する動きが弱くなったことで、採決では棄権をした。その後、民主党執行部によって3ヶ月党員資格停止となった。同年6月27日の人事で、浜田和幸の総務大臣政務官就任に伴い、総務大臣政務官を辞任。

2011年12月28日、党が掲げる消費税増税に反対し、斎藤恭紀とともに離党届を提出した[1]。翌2012年1月4日、9名の衆議院議員で「新党きづな」を立ち上げ、代表に就任した。新党きづなの解党後は国民の生活が第一には加わらず、当面は無所属で活動する意向を示していたが、一転して同年11月19日付で国民の生活が第一に入党。同年12月16日第46回衆議院議員総選挙には日本未来の党公認で千葉7区から出馬するも落選。

2013年7月21日第23回参議院議員通常選挙新党大地から比例区から出馬するも落選。

不祥事[編集]

  • 2007年5月30日衆議院厚生労働委員会において、委員長の桜田義孝羽交い絞めにして委員長席から引きずり倒すという暴行を行った。このため、国会法に定める懲罰事犯に該当するとして衆議院懲罰委員会の審査に付され、6月19日本会議で登院停止30日の懲罰処分が議決された(自民公明両党の賛成多数による。民主党は採決時退席)。この件について内山は、「国民の暮らしと生活を守るべく、国民の不利益につながる法案審議の強行採決に対して抗議として行った行動であり、国民の皆様に恥じることは一つもない」と抗弁した。また、「自分には懲罰が下りるが、強行採決をした自民党には天罰が下る」とコメントするなど、終始反省することはなかった。

政策[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 横光克彦(懲罰動議が可決された際の懲罰委員長)
  • 太田和美(2006年の千葉7区補選の当選者、2009年に福島2区へ国替え)

外部リンク[編集]

公職
先代:
長谷川憲正階猛小川淳也
日本の旗 総務大臣政務官
逢坂誠二森田高と共同

2010年 - 2011年
次代:
浜田和幸逢坂誠二森田高
党職
先代:
結成
新党きづな代表
初代 : 2011年 - 2012年
次代:
解散