本村賢太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗衆議院議員 本村 賢太郎
生年月日 (1970-04-17) 1970年4月17日(46歳)
出身地 日本の旗東京都中野区
出身校 青山学院大学経済学部第二部経済学
学位・資格 学士(経済学)
前職 衆議院議員藤井裕久秘書
神奈川県議会議員
所属委員会 国土交通委員会(理事)
議院運営委員会
世襲
父・岩橋克次(中野区議会議員)
伯父・本村和喜参議院議員
選出選挙区 神奈川14区→)
比例南関東ブロック
当選回数 2回
所属党派 自由党→)
民主党樽床グループ[1])→)
民進党
党役職 神奈川県第14区総支部長
会館部屋番号 衆議院第1議員会館606号室
ウェブサイト もとむら賢太郎 オフィシャルページ
テンプレートを表示

本村 賢太郎(もとむら けんたろう、1970年4月17日 - )は、日本政治家民進党所属の衆議院議員(2期)。元神奈川県議会議員(2期)。

概要[編集]

東京都中野区生まれ。相模原市立桜台小学校、相模原市立相模台中学校、神奈川県立麻溝台高等学校青山学院大学経済学部第二部経済学科卒業。青山学院大学在学中から伯父の参議院議員本村和喜の秘書を務める(本村は1991年に急逝)。1995年、青山学院大学を卒業し東鉄工業に入社。1997年に同社を退職し、当時新進党に所属していた衆議院議員藤井裕久の秘書に転じる。

2003年神奈川県議会議員選挙に自由党公認(新進党解党後、藤井は自由党結党に参加)で相模原市選挙区から出馬し、初当選した。同年、民由合併により民主党に入党。2007年の神奈川県議選には民主党公認で出馬し、再選。同年12月、民主党が次期衆議院議員総選挙の神奈川14区公認候補に、本村を内定した[2]。神奈川14区は、2005年第44回衆議院議員総選挙までは藤井裕久の選出選挙区であった(藤井は第44回衆議院議員総選挙で落選したが、長浜博行の参議院への鞍替えにより比例南関東ブロック繰り上げ当選。第45回衆議院議員総選挙前に一旦は引退を表明していたが、引退を撤回して比例単独で出馬し当選)。

2009年、神奈川県議会議員を辞職[3]し、第45回衆議院議員総選挙に神奈川14区から民主党公認で出馬。自由民主党前職の赤間二郎を破り、当選した。

2010年青山会樽床伸二グループ)の結成に参加した。

2012年第46回衆議院議員総選挙に神奈川14区から出馬するも、赤間に敗れ、比例復活もならず落選。

2014年第47回衆議院議員総選挙に神奈川14区から出馬。小選挙区では赤間に敗れるも、比例復活し政界復帰。

政策[編集]

  • 自身の政策として以下を挙げる[4]
    • 定数削減などの政治改革
    • 消費税の社会保障への活用
    • 脱原発と日本の成長
    • 国益最優先の外交
    • 被災地復興迅速化
  • 選択的夫婦別姓制度導入にどちらかといえば賛成[5]

所属していた団体・議員連盟[編集]

人物[編集]

  • 趣味:釣り・スキー・旅行・食べ歩き[6]
  • 特技:柔道初段・書道準3段[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 民主代表選で樽床グループ態度保留、支持先悩む県内新人議員 神奈川新聞 2010年9月4日
  2. ^ 衆議院議員立候補者の公認権は幹事長・党本部が有するが、通常は都道府県の総支部連合会が上申した立候補予定者を選任する。しかし、この時は神奈川県連が候補者を一人にしぼりきれず、本村を含む2名を上申し、最終的に党本部の判断により本村が公認を受けた。
  3. ^ 議員の辞職.議会かながわ.No.122,2009年(平成21年)9月1日,p. 4.
  4. ^ 政策
  5. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  6. ^ a b プロフィール

関連項目[編集]

外部リンク[編集]