吉田英男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
吉田英男
よしだ ひでお
生年月日 (1956-06-03) 1956年6月3日(63歳)
出生地 日本の旗 神奈川県三浦市
出身校 国際商科大学商学部
前職 横浜銀行従業員
現職 神奈川県三浦市長
所属政党 無所属
親族 父・吉田實(元神奈川県議会議員

当選回数 4回
在任期間 2005年6月29日[1] - 現職
テンプレートを表示

吉田 英男(よしだ ひでお、1956年6月3日 - )は、日本政治家神奈川県三浦市長(4期)。

父は元神奈川県議会議員の吉田實。

概要[編集]

神奈川県三浦市生まれ。国際商科大学(現東京国際大学商学部卒業[2]。大学卒業後、横浜銀行に入行し、葉山支店長や県庁支店長を務める。

2005年、三浦市長選挙に出馬し、初当選を果たした。2009年2013年の三浦市長選挙において再選。市長就任後、一定期間、三浦海業公社の社長を兼務していた。

2017年の市長選で4選。投票率は38.90%で過去最低を記録した[3]

政策・主張[編集]

2009年に「三浦市緊急緊縮財政宣言(脱・イエローカード)」を公表。行財政改革を進め、特区対応では三浦方式が横須賀市に推奨されるなどの評価を上げている[4]

水産業への影響を懸念する立場から、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉への参加反対を求める内閣総理大臣宛の要望書を提出した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
小林一也
Flag of Miura Kanagawa.JPG 神奈川県三浦市長
2005年 -
次代:
(現職)