山梨崇仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山梨 崇仁
やまなし たかひと
生年月日 (1977-03-16) 1977年3月16日(42歳)
出生地 日本の旗 東京都渋谷区
出身校 関東学院大学経済学部経済学科卒業
法政大学大学院政治学研究科修士課程修了
前職 ウィンドサーフィン選手
会社員
所属政党 無所属
称号 学士(経済学)
政治学修士
公式サイト 葉山町長 山梨たかひと

当選回数 2回
在任期間 2012年1月20日 - 現職

Flag of Hayama Kanagawa.JPG 葉山町議会議員
当選回数 2回
在任期間 2007年5月1日 - 2011年12月14日
テンプレートを表示

山梨 崇仁(やまなし たかひと、1977年3月16日 - )は、日本政治家神奈川県三浦郡葉山町長(2期)。元葉山町議会議員(2期)。

概要[編集]

東京都渋谷区生まれ。明星中学校東京都立千歳高等学校(現東京都立芦花高等学校)、関東学院大学経済学部経済学科卒業[1]法政大学大学院政治学研究科(政治学専攻)修士課程修了[1]

大学在学中からウィンドサーフィンを始め、2000年3月の全日本学生選手権では団体・個人部門でいずれも総合優勝。2003年のオリンピック最終選考までアテネオリンピックを目指して国内外の大会に出場していた[1]。ウィンドサーフィンの選手を引退後、日本橋のベンチャー企業に勤務していた[1]

2007年葉山町議会議員選挙に無所属で出馬。葉山町に地縁のない無名の新人ながら、立候補者中トップの得票数(1,447票)を獲得し、初当選した[1]2011年、葉山町議選で再選。同年12月14日、葉山町議を辞職し、翌年の葉山町長選への出馬を表明した。町長選には現職の森英二、同じく町議を辞職した伊東圭介、山梨の3候補が出馬し[2]、山梨が森、伊東を下して当選した[3]1月20日、葉山町役場に初登庁し、正式に葉山町長に就任した[4]

2015年、葉山町長選に再選を目指して出馬[5][6]。ごみの戸別収集の無料化や職員給与削減の実績を訴え、前町議の新人候補を破り再選されたが、投票率は史上最低の41.87%だった[7][8]

政策・主張[編集]

人件費の引き下げ
山梨の町長就任時、葉山町は全国で最もラスパイレス指数が高い地方自治体だった。町長就任後、町職員組合に対し、(1)初任給の引き下げ、(2)定期昇給の1年間見送り、(3)職員給与の平均2.5%の定率削減を申し入れ、交渉の結果、いずれも実現した[9]
災害対策
町長就任後、「防災力強化」を掲げ、既に多くの地方自治体で実施されていた避難マップや防災ガイドブックの作成、防災行政無線のスピーカーの取り換え、デジタル化へのシステム移行等を行った[9]
社会保障政策
就任2年目の予算では「子育て」をテーマに掲げ、待機児童対策や小児医療費の無料化の充実を推進。また虐待や配偶者暴力(DV)問題への対策にも力を入れ、葉山町の広報紙で町内の虐待の実態を取り上げた[9]
ふるさと納税
総務省が各自治体に、ふるさと納税に対する豪華な返礼品を自粛するよう求めていることを受け、葉山町は2017年9月から山梨がウィンドサーフィンを指導するメニューを返礼品に加えた。なお山梨は、大学時代に全日本学生選手権で優勝した実績をもとに、同年7月にはすでに町内の小学生を対象にした体験教室を実施している[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 葉山町長 山梨たかひと
  2. ^ “葉山町長選きょう15日投開票、町議補選も/神奈川”. 神奈川新聞. (2012年1月15日). http://www.kanaloco.jp/article/39220 2017年4月2日閲覧。 
  3. ^ “葉山町長選:山梨氏が初当選、「町民主体の町政」訴え”. 神奈川新聞. (2012年1月15日). http://www.kanaloco.jp/article/39195 2017年4月2日閲覧。 
  4. ^ “葉山町の山梨新町長が初登庁、「役場を1本の矢に」/神奈川”. 神奈川新聞. (2012年1月20日). http://www.kanaloco.jp/article/39005 2017年4月2日閲覧。 
  5. ^ “葉山町長選 告示 現新の一騎打ち/神奈川”. 毎日新聞. (2015年12月16日). http://mainichi.jp/articles/20151216/ddl/k14/010/146000c 2017年4月2日閲覧。 
  6. ^ “山梨氏が出馬表明 葉山町長選再選出馬”. 神奈川新聞. (2015年10月10日). http://www.kanaloco.jp/article/126816 2017年4月2日閲覧。 
  7. ^ “葉山町長選 山梨氏、新人女性を破り再選/神奈川”. 毎日新聞. (2015年12月21日). http://mainichi.jp/articles/20151221/ddl/k14/010/132000c 2017年4月2日閲覧。 
  8. ^ “葉山町長に山梨氏再選”. 産経新聞. (2015年12月21日). http://www.sankei.com/region/news/151221/rgn1512210043-n1.html 2017年4月2日閲覧。 
  9. ^ a b c “山梨崇仁・神奈川県葉山町長:トップインタビュー”. 時事通信. http://www.jiji.com/jc/v2?id=20131216top_interview29_71 2017年4月2日閲覧。 
  10. ^ “納税返礼品、葉山町長のウィンドサーフィン指導”. 読売新聞. (2017年9月6日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20170905-OYT1T50078.html 2017年9月13日閲覧。 

外部リンク[編集]

公職
先代:
森英二
Flag of Hayama Kanagawa.JPG 神奈川県葉山町
2012年 -
次代:
(現職)