上地克明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上地 克明
かみじ かつあき
生年月日 (1954-01-29) 1954年1月29日(65歳)  
出生地 日本の旗 神奈川県横須賀市吉倉町
出身校 早稲田大学商学部
所属政党 無所属
称号 商学士
子女 上地雄輔(俳優・タレント)
公式サイト 上地 克明 オフィシャルサイト

当選回数 1回
在任期間 2017年7月10日 - 現職

Flag of Yokosuka, Kanagawa.svg 横須賀市議会議員
当選回数 4回
在任期間 2003年 - 2017年
テンプレートを表示

上地 克明(かみじ かつあき、1954年1月29日[1] - )は、日本政治家神奈川県横須賀市長(第37代)、横須賀市議会議員(4期)。上地雄輔俳優タレント歌手)の実父[2][3]

来歴[編集]

神奈川県横須賀市吉倉町生まれ[4]横須賀市立逸見小学校横須賀市立桜台中学校神奈川県立横須賀高等学校早稲田大学商学部卒業[4]。大学在学中は新自由クラブの学生遊説隊長を務めていた[5]。早大卒業後、1977年に株式会社ニチリョウに入社するが、翌1978年2月より新自由クラブ神奈川県連の広報副委員長ならびに田川誠一衆議院議員の秘書を務める[4][5]。田川事務所では、国会及び川崎市を担当していた[4]

1983年神奈川県議会議員選挙宮前区選挙区から当時最年少で立候補したが、落選[4][2]1987年神奈川県議会議員選挙横須賀市選挙区から出馬したが、再び落選[4]

2003年横須賀市議会議員選挙に出馬し、初当選した[4][1][6]。以後、4期連続当選。2011年2015年の市議選では連続してトップ当選を果たした[6]

2017年3月28日、横須賀市役所で記者会見を開き、6月の横須賀市長選に出馬する意向を表明した[3]。地元選出の小泉進次郎からも支援を受けたほか[7]自民民進公明3党の推薦を受けて無所属で立候補し、3選を目指した現職の吉田雄人市長らを破り、当選した[8]

政策・主張[編集]

  • バンドでボーカルを務める上地は、2017年の横須賀市長選で「全国のミュージシャンが横須賀に集まる国際音楽フェス」の実現を訴えた[5]
  • 2019年4月1日、性的少数者(LGBT)のカップルを結婚に相当するパートナーとして公認する「パートナーシップ制度」を開始した[9][10]

脚注[編集]

  1. ^ a b プロフィール - 横須賀市
  2. ^ a b “タレント・雄輔さんの父、上地克明さんが横須賀市長 小泉進次郎さん応援”. 横須賀経済新聞. (2017年6月26日). https://yokosuka.keizai.biz/headline/1340/ 2018年2月25日閲覧。 
  3. ^ a b “横須賀市長選 上地氏が出馬表明 タレント・雄輔さんの父 神奈川”. 産経新聞. (2017年3月29日). http://www.sankei.com/politics/news/170329/plt1703290007-n1.html 2018年2月25日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g プロフィール・実績 - 上地 克明 オフィシャルサイト
  5. ^ a b c “横須賀市長選 候補者の横顔”. 東京新聞. (2017年6月21日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201706/CK2017062102000180.html 2018年2月25日閲覧。 
  6. ^ a b “横須賀市長選に上地市議を擁立 自民など複数会派”. 神奈川新聞. (2017年3月25日). http://www.kanaloco.jp/article/240027 2018年2月25日閲覧。 
  7. ^ “上地雄輔のパパ 横須賀市長選当選の裏に「小泉家の執念」”. 東京スポーツ. (2017年6月26日). https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/701878/ 2018年2月25日閲覧。 
  8. ^ “横須賀市長選、上地克明氏が初当選 小泉進次郎氏「王国」威信守る”. 産経新聞. (2017年6月27日). http://www.sankei.com/politics/news/170627/plt1706270013-n1.html 2018年2月25日閲覧。 
  9. ^ “LGBTパートナー公認へ 横須賀市、来年5月に導入”. 徳島新聞. (2018年11月12日). http://www.topics.or.jp/articles/-/124565 2018年11月15日閲覧。 
  10. ^ “性的少数者や事実婚、横須賀市も4月からパートナー制度”. 朝日新聞. (2019年2月14日). https://www.asahi.com/articles/ASM2D6S0PM2DULOB01K.html 2019年2月18日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]