横山和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横山 和夫(よこやま かずお、1914年10月2日 - 1999年5月13日)は、日本官僚政治家横須賀市長1973年 - 1993年、5期20年)。

経歴[編集]

広島県比婆郡東城町(現・庄原市)出身。1942年広島文理科大学卒業。翌1943年高文行政科合格後、消防庁総務課長、自治庁官房調査官、滋賀県教育長を経て1961年横須賀市助役長野正義市長下で3期務め1972年、米国側から出された空母ミッドウェイの母港化要望に対して、外務省その他関係機関との交渉を担当し、米軍提供水域の返還などを条件に、米軍母港化受け入れ決定の中心的役割を果たした。

1973年市長選で“長野市政の唯一の後継者”を打ち出し当選、以降1993年まで、歴代最長の5期20年に渡り横須賀市長を務めた。市長在任時の業績として横須賀市中心市街地・三笠公園拡張・横須賀リサーチパーク(YRP)整備などがある。また市制施行75周年を迎えた1982年の「文化元年」、1989年の「核兵器廃絶・平和都市」を宣言し、オーストラリアフリマントル市姉妹都市1979年)、英国・ジリンガム市(メッドウェイ市)姉妹都市(1982年)縁組にも尽力した。その他全国基地協議会会長なども務めた。1993年勲二等瑞宝章受章。

参考文献[編集]

  • 日本の歴代市長 第一巻(歴代知事編纂会1983年11月)

外部リンク[編集]